【スペック】全長×全幅×全高=約6800×2300×2750mm/ホイールベース=3500mm/車重=2820kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブコモンレールディーゼルターボ(130ps、32.0kgm)/価格=627万9000円

バーストナー・ネッソーT687(FF/6MT)【試乗記】

キャンプしなくていいじゃない! 2009.08.13 試乗記 バーストナー・ネッソーT687(FF/6MT)
……627万9000円
ドイツ製高級キャンピングカーに試乗した。日本ではアウトドア好きの一部マニアが乗るクルマ!? といった印象だけれど、欧州では生活の中にしっかり根付いているこのジャンル。室内の様子や乗り心地を下野康史がリポートする。

エンジン付きの家

海外でキャンピングカーライフがいかに根づいているか、「ツール・ド・フランス」のテレビ中継を見ているとよくわかる。川の流れのごとく、選手の集団が駆け抜けるその沿道に、キャンピングカーが群れをなしている。夏のバカンスシーズン、3週間にわたって行われる世界一の自転車レースを移動しながら観戦する“追っかけ”のクルマだ。ホテルやレストランの世話にならずに旅ができるキャンピングカーならではの使い方だ。

昔、RACラリーの取材でラリーカーをコース脇で待っていたら、すぐ隣にいた観客が、ロンドンからキャンピングカーでラリーを見にきたという熟年カップルだった。地元スコットランド人のコリン・マクレーが「スバル・インプレッサ」で連勝していたころである。でも、そんなことより、いまはキャンピングカーの水がきれていることのほうが気になってるんだよと、オイルコートをかっこよく着こなしたおじさんは言った。

“キャンピングカー”というのは実は和製英語で、ワンボディの自走式キャンパーは、欧米では“モーターホーム”と呼ばれる。「モーター(エンジン)付きの家」だ。こういうものを見ると、十把ひとからげに「あっ、キャンピングカーだ!」と言ってしまう日本人って、マズシイと思う。ふだんの日常を家の外に持ち出せるのがモーターホームの真髄といえる。べつにあくせくキャンプ活動などしなくたっていいのである。


バーストナー・ネッソーT687(FF/6MT)【試乗記】の画像
「ネッソーT687」は、乗員5名、就寝4名のファミリー・夫婦向け仕様。室内に入って右側には広いリビングルームが。テーブルとシートをアレンジすると大人2人が寝られるベッドになる。
「ネッソーT687」は、乗員5名、就寝4名のファミリー・夫婦向け仕様。室内に入って右側には広いリビングルームが。テーブルとシートをアレンジすると大人2人が寝られるベッドになる。
ネッソーのベースとなったのは、フィアットの大型バン「デュカート」。モーターホーム専用に設計された低床シャシーにより、優れた走行安定性を実現したという。
ネッソーのベースとなったのは、フィアットの大型バン「デュカート」。モーターホーム専用に設計された低床シャシーにより、優れた走行安定性を実現したという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。