BMWデザインの歴史を本社ショールームで展示

2009.08.12 自動車ニュース

BMWデザインの歴史を本社ショールームで展示

BMWジャパンは2009年8月11日から10月5日までの間、東京丸の内にある本社ショールーム「BMW Group Studio」にて、テーマに沿った特別展示を3回に分けて行う。

今回の特別企画は、新旧のBMW車を並べ、デザインの系譜を展示するという内容。

第1弾のテーマは「ロードスターの系譜」とされ、1930年代の「BMW315/1」「BMW327/328カブリオレ」と、現行モデルである「BMW Z4 sDrive35i」がショールームを飾る。
8月27日からは第2弾「MINI 50th Anniversary」として、初代MINIと現行MINIの特別仕様車を展示。9月18日からスタートする第3弾は「7シリーズへと続くラグジュアリーの系譜」と称し、「BMW502」「BMW750Li」を揃える予定だという。

ショールームへの入場は無料。

●BMW Group Studio
住所:東京都千代田区丸の内1-9-2、グラントウキョウ・サウスタワー1階
展示時間: 午前11時〜午後8時(土、日、祝日は午後6時まで)
 ※8月21日は午後6時まで、8月26日は休館日。

(webCG 本諏訪)

「BMW 315/1」
「BMW 315/1」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。