【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1610mm/ホイールベース=2550mm/車重=1110kg/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:64ps/3000-6000rpm、18.4kgm/0-2000rpm、バッテリー330V/16kWh)/航続距離160km/価格=459万9000円(テスト車=481万9500円/三菱マルチエンターテイメントシステム+ハイグレードサウンドシステム=22万500円)

三菱 i-MiEV(MR/1AT)【試乗記】

“家電化”も悪くない 2009.08.12 試乗記 三菱 i-MiEV(MR/1AT)
……481万9500円
2009年6月に待望のデビューを果たした電気自動車「i-MiEV」。走行中にCO2を排出しないEVは、環境にやさしいクルマとして注目されているが、もうひとつ忘れてはならないのは、走りっぷりの良さだ。


この日を待ち焦がれていた

三菱の量産型EV「i-MiEV」が、日本の街を走り始めた。カタチは「i(アイ)」と変わらないけれど、これからのクルマ社会を大きく変える可能性が、このコンパクトなボディに秘められている。

モノフォルムボディとミドシップレイアウトが特徴の軽自動車iをベースにつくられたi-MiEVは、合計88セルのリチウムイオンバッテリーをホイールベース間の床下に収納するとともに、エンジンやトランスミッションの代わりにモーターなどのパワーユニットを搭載することで、iが誇る広い居住スペースをそっくりそのまま受け継ぐことに成功。全長3395×全幅1475×全高1610mmのボディも、iに比べて全高がわずかに10mm増しただけで、特徴的なスタイリングは維持されている。

90年代前半からさまざまなEVに触れ、量産車の登場を待ちきれず、ガソリン車をEVに改造した経験がある私としては、スタイリングもパッケージングも破綻なく仕上げられたi-MiEVに、ただただ驚くばかり。ベースのiを知らなければ、EV専用にデザインされたクルマといわれても信じてしまいそうだ。こんなEVの登場を、長いこと待ち焦がれていたのだ。しかも、日本の自動車メーカーが、一般にもなんとか手の届く価格で発売したというのだから、喜ばずにはいられない!

冷房は電動コンプレッサーを、暖房は温水ヒーターを使用して温度調整を行う。いずれもバッテリーの電力を使うため、航続距離が短くなってしまうことを理解しておきたい。
冷房は電動コンプレッサーを、暖房は温水ヒーターを使用して温度調整を行う。いずれもバッテリーの電力を使うため、航続距離が短くなってしまうことを理解しておきたい。
リアエンジン・プラットフォームがもたらすiならではの広々とした居住空間。
リアエンジン・プラットフォームがもたらすiならではの広々とした居住空間。

三菱 i-MiEV(MR/1AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る