【スペック】全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1230kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/燃費=12.4km/リッター(JC08モード) ※数値は「86 GT“リミテッド”」(MT仕様)のもの

トヨタ86 サーキット試乗会【試乗記】

“86”ワクドキ体験会 2012.11.04 試乗記 トヨタ86“TRDパフォーマンスライン”装着車/86“ファクトリーチューン”/86“エアロスタビライジングフィン”装着車

富士スピードウェイで開催された報道関係者向けイベント「“86”ワクドキ体験会」で、「トヨタ86」にTRDがチューニングを施したモデルや、トヨタの86開発陣によるファクトリーチューンモデルなどを乗り比べた。

ホームサーキットで「86」に試乗

ひととおりメーカーからのプレゼンテーションは終わったと思っていた「トヨタ86(ハチロク)」。しかしこの期に及んで、トヨタのホームサーキットである富士スピードウェイで、たくさんの86に試乗させてくれるという。メディア向けに毎年開催されている「トヨタ ワクドキ体験会」に、今年の主役(カオ)である86が組み込まれたというわけである。

ちなみに同イベントは、日本未発売のクルマやコンセプトモデル、ニュルブルクリンク24時間レースに向けたレーシングカー、そしてGAZOO Racingのチューニングカー「G's」車両を一気乗りさせてくれる試乗会(G'sについてはあらためてリポートする)。その背後には、いま彼らが持っている危機感、そして「クルマに対するユーザーの高揚感を高めなければならない」という使命感があるのは明らかだ。

正直“ワクドキ”というタイトルは子供っぽいと思うが、そこにトヨタ86を持ってくることは大いにうなずける。実際に筆者も、あのバランスに優れたスポーツカーである86を、サーキットで思う存分走らせられることに対して、ワクドキしていたのである。そして結論から先に言えば、86は最高のスポーツカーだった。

TRDチューンの「トヨタ86」が2台、ファクトリーチューンの「86」が2台用意された。
TRDチューンの「トヨタ86」が2台、ファクトリーチューンの「86」が2台用意された。

トヨタ86 サーキット試乗会【試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る