【スペック】全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=1230kg/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6400-6600rpm)/燃費=12.4km/リッター(JC08モード) ※数値は「86 GT“リミテッド”」(MT仕様)のもの

トヨタ86 サーキット試乗会【試乗記】

“86”ワクドキ体験会 2012.11.04 試乗記 トヨタ86“TRDパフォーマンスライン”装着車/86“ファクトリーチューン”/86“エアロスタビライジングフィン”装着車

富士スピードウェイで開催された報道関係者向けイベント「“86”ワクドキ体験会」で、「トヨタ86」にTRDがチューニングを施したモデルや、トヨタの86開発陣によるファクトリーチューンモデルなどを乗り比べた。

ホームサーキットで「86」に試乗

ひととおりメーカーからのプレゼンテーションは終わったと思っていた「トヨタ86(ハチロク)」。しかしこの期に及んで、トヨタのホームサーキットである富士スピードウェイで、たくさんの86に試乗させてくれるという。メディア向けに毎年開催されている「トヨタ ワクドキ体験会」に、今年の主役(カオ)である86が組み込まれたというわけである。

ちなみに同イベントは、日本未発売のクルマやコンセプトモデル、ニュルブルクリンク24時間レースに向けたレーシングカー、そしてGAZOO Racingのチューニングカー「G's」車両を一気乗りさせてくれる試乗会(G'sについてはあらためてリポートする)。その背後には、いま彼らが持っている危機感、そして「クルマに対するユーザーの高揚感を高めなければならない」という使命感があるのは明らかだ。

正直“ワクドキ”というタイトルは子供っぽいと思うが、そこにトヨタ86を持ってくることは大いにうなずける。実際に筆者も、あのバランスに優れたスポーツカーである86を、サーキットで思う存分走らせられることに対して、ワクドキしていたのである。そして結論から先に言えば、86は最高のスポーツカーだった。

TRDチューンの「トヨタ86」が2台、ファクトリーチューンの「86」が2台用意された。
TRDチューンの「トヨタ86」が2台、ファクトリーチューンの「86」が2台用意された。

トヨタ86 サーキット試乗会【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る