【スペック】無限インサイト(数値はベースモデルLSのもの):全長×全幅×全高=4390×1695×1425mm/ホイールベース=2550mm/車重=1200kg/駆動方式=FF/1.3リッター 直4SOHC8バルブ(88ps/5800rpm、12.3kgm/4500rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=221万円(テスト車=343万8335円/HDDインターナビシステム(リアカメラ付き)+ETC車載器=24万9000円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円/スマートキーシステム=6万3000円/前席用i-サイド&サイドカーテンエアバッグシステム=8万4000円/無限インサイトオリジナルパーツ=合計80万835円)

ホンダ・無限インサイト(FF/CVT)/モデューロ インサイト(FF/CVT)【試乗記】

インサイト用のエアロがバカ売れ!? 2009.08.11 試乗記 ホンダ・無限インサイト(FF/CVT)/モデューロ インサイト(FF/CVT)
……343万8335円/340万5970円

ホンダ・インサイト用のドレスアップパーツやチューニングパーツが、予想をはるかに上まわる売れ行きを見せているという。早速、実物にふれてみた。

エコカーだってオシャレしたい

ハイブリッド車にエアロパーツ!? と思ったけれど、ホンダ・インサイトを購入した方の11.7%が、フロントバンパーにディーラーオプションのロアスカートを装着するのだという。この装着率はフィットの2倍、フリードの3倍にあたるそうだ。ちなみにインサイト用のロアスカートは3万5700円。安い買い物じゃない。

それから、無限がホンダ・インサイト用に開発したリアウイングは、予定の8倍と爆発的な売れ行きを見せているというから面白い。エコカーに羽根をつけるのは意外な気がしたけれど、エコカーだからこそ空気の流れが気になる? ちなみに無限のリアウイングは7万8750円。定額給付金で買うには何人の家族が必要でしょう?

本年4月の乗用車売り上げランキング1位がインサイト、6月、7月の1位がプリウスと、ハイブリッド車がごくあたりまえの存在になっている。この傾向はさらに加速するはずだし、さらにEVも参戦してくる。その時、われわれクルマ好きはクルマへの愛情をどうやって表現するのか。

てなことを考えていたおり、ホンダアクセスと無限のパーツを装着したインサイトの試乗会が行われたのだ。ホンダアクセスはホンダの純正用品(いわゆるディーラーオプション)を開発する会社、無限はご存じの通りホンダ車のチューニングメーカーだ。
ちなみに無限の製品は無限パーツ取扱店のほか、ホンダの販売店(Honda Cars)でも購入できる。そして冒頭で記したように、インサイト用のパーツは最近のホンダ車として図抜けた売り上げを示したという。無限のみなさんが「このご時世、インサイトが出てくれてホントによかった」としみじみ語っていたのが印象的だった。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る