【スペック】無限インサイト(数値はベースモデルLSのもの):全長×全幅×全高=4390×1695×1425mm/ホイールベース=2550mm/車重=1200kg/駆動方式=FF/1.3リッター 直4SOHC8バルブ(88ps/5800rpm、12.3kgm/4500rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=221万円(テスト車=343万8335円/HDDインターナビシステム(リアカメラ付き)+ETC車載器=24万9000円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円/スマートキーシステム=6万3000円/前席用i-サイド&サイドカーテンエアバッグシステム=8万4000円/無限インサイトオリジナルパーツ=合計80万835円)

ホンダ・無限インサイト(FF/CVT)/モデューロ インサイト(FF/CVT)【試乗記】

インサイト用のエアロがバカ売れ!? 2009.08.11 試乗記 ホンダ・無限インサイト(FF/CVT)/モデューロ インサイト(FF/CVT)
……343万8335円/340万5970円

ホンダ・インサイト用のドレスアップパーツやチューニングパーツが、予想をはるかに上まわる売れ行きを見せているという。早速、実物にふれてみた。

エコカーだってオシャレしたい

ハイブリッド車にエアロパーツ!? と思ったけれど、ホンダ・インサイトを購入した方の11.7%が、フロントバンパーにディーラーオプションのロアスカートを装着するのだという。この装着率はフィットの2倍、フリードの3倍にあたるそうだ。ちなみにインサイト用のロアスカートは3万5700円。安い買い物じゃない。

それから、無限がホンダ・インサイト用に開発したリアウイングは、予定の8倍と爆発的な売れ行きを見せているというから面白い。エコカーに羽根をつけるのは意外な気がしたけれど、エコカーだからこそ空気の流れが気になる? ちなみに無限のリアウイングは7万8750円。定額給付金で買うには何人の家族が必要でしょう?

本年4月の乗用車売り上げランキング1位がインサイト、6月、7月の1位がプリウスと、ハイブリッド車がごくあたりまえの存在になっている。この傾向はさらに加速するはずだし、さらにEVも参戦してくる。その時、われわれクルマ好きはクルマへの愛情をどうやって表現するのか。

てなことを考えていたおり、ホンダアクセスと無限のパーツを装着したインサイトの試乗会が行われたのだ。ホンダアクセスはホンダの純正用品(いわゆるディーラーオプション)を開発する会社、無限はご存じの通りホンダ車のチューニングメーカーだ。
ちなみに無限の製品は無限パーツ取扱店のほか、ホンダの販売店(Honda Cars)でも購入できる。そして冒頭で記したように、インサイト用のパーツは最近のホンダ車として図抜けた売り上げを示したという。無限のみなさんが「このご時世、インサイトが出てくれてホントによかった」としみじみ語っていたのが印象的だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
ホームへ戻る