「ポルシェ911ターボ」、新エンジン搭載で500psに

2009.08.10 自動車ニュース

「ポルシェ911ターボ」、新エンジン搭載で500psに

ポルシェAGは、911シリーズのハイパフォーマンスモデル「911ターボ」にマイナーチェンジを施し、2009年9月15日から開催されるフランクフルトショーでデビューさせると発表した。

パワフルな「ポルシェ911ターボ」シリーズがマイナーチェンジ。先行して化粧直しが施されたほかの911らと同様、前後バンパーやランプ類の形状が変更される。

しかし、そのハイライトは新しくなったパワートレインだ。
3.6リッターだった水平対向6気筒エンジンは排気量を3.8リッターへと引き上げられ、最高出力は20ps増しの500psに。5段AT「ティプトロニック」に代えて、7段のデュアルクラッチ式トランスミッション「PDK(ポルシェドッペルクップルング)」が組み合わされる。
さらに操作系では、左右どちら側でもシフトアップ/ダウンできるスイッチを備える従来のPDKステアリングホイールだけでなく、右でシフトアップ、左でシフトダウンを行うパドル付きのスリースポークステアリングホイールも選べるようになる。
実際のパフォーマンスは0-100km/h加速で4秒以下、最高速が310km/h以上と相変わらず強烈だが、CO2排出量を従来の18%減らすなど、エコな側面もうかがわせる。

4WDの駆動方式に変化はないものの、新型ではリアアクスルの駆動力を可変配分する「PTV(ポルシェトルクベクタリング)」が新しくオプションとして用意されるのもニュース。俊敏性を向上させるとともに精緻なステアリングを実現、ドライビングプレジャーをいちだんと高めるという。

フランクフルトショーでの公開を経て、11月には本国ドイツを皮切りに世界各地で販売がスタート。日本でも8月22日から受注が開始される。価格は、以下のとおり。

・「911ターボ」(6MT/7AT):1976.0万円/2051.0万円
・「911ターボカブリオレ」(7ATのみ):2230.0万円

(webCG 関)

新型「ポルシェ911ターボカブリオレ」。
新型「ポルシェ911ターボカブリオレ」。
 
「ポルシェ911ターボ」、新エンジン搭載で500psにの画像
 
「ポルシェ911ターボ」、新エンジン搭載で500psにの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
ホームへ戻る