第394回:真夏のかなりゴーインな思いつき……
マイケル・ジャクソンのためにもEVを成功させよう!(笑)

2009.08.10 エッセイ

第394回:真夏のかなりゴーインな思いつき……マイケル・ジャクソンのためにもEVを成功させよう!(笑)

楽しくワクワクする世界

たぶん全世界の数百万人ぐらいの人がそう思ってるだろうけど、マイケル・ジャクソン、やっぱいいわ〜。
つい最近出たベスト盤をクルマの中でずっぽり聴いてますが、なんというか、彼の音楽は一種の革命だったのよね。『オフ・ザ・ウォール』あたりだと、新しかったとはいえセンスのいいブラックミュージックの域を出てなかったものが、『スリラー』になると、完全に黒人と白人の壁を越えている。おそらくアジア人の壁も越えていて、ワールドミュージックになってる。

キモは誤解を恐れずに言うならば、ある種のディズニーランド的ワールドだった。つまり、ファンタジーであり、一種の子供返り。彼は、ダンスも含めた総合的視聴覚で子供から大人までノレる、楽しくワクワクする世界を演出することにより、人種や言葉の壁をうち破った。
そのために必要なのは、彼自身、年齢や人種を超えたキャラクターになることであり、実際に、彼はそういう存在となったわけだ。

特にスリラーのわかりやすさったらない。クインシー・ジョーンズのプロデュースももちろん素晴らしいんだけど、イントロから歌詞から、ものすごいスピード感と、イメージがわき出てくる。そこにあるのは、ある種のアニメ的わかりやすさと同種のもの。
全世界の人が既に持っている「ホラー」や「お化け屋敷」のイメージ、それを具現したような音楽。直感的で、ちょっぴり怖くて楽しい。そのほか『Beat It』や『ビリー・ジーン』も、かなりわかりやすい。

個人的には思う。マイケルはそのまま、もっとファンタジーに寄って、童話のような音楽を作り続けたほうがよかったんではないだろうかと。たとえば宇宙旅行であり、海底旅行であり、タイムトラベラーの世界など。
だからどっぷりディズニーランド的ワールドに浸かって、そこで作品をどんどん生み出してほしかった。というか、彼自身そう考えていたからこそ、ネバーランドを作り、そこに住んでいたのではないんだろうか。そういう意味でマイケルは真のエンターティナーであり、日本流に言う“芸人”だったと思う。
その昔、林家三平はこう言った。「芸は人なり、人は芸なり」。マイケルはそれを地でいっていた。天才には天才同士わかり合う感覚があるのだ、きっと(笑)。


第394回:真夏のかなりゴーインな思いつき……マイケル・ジャクソンのためにもEVを成功させよう!(笑)の画像
「三菱i-MiEV」
「三菱i-MiEV」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』