スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

2009.08.10 自動車ニュース
「レガシィ セダン 2.0D」(欧州仕様)
スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

【フランクフルトショー09】スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展

2009年9月15日からドイツで開かれる第63回フランクフルトモーターショー(IAA)で、富士重工業は新型の「レガシィ」(セダン/ワゴン)と「アウトバック」を出展する。

「アウトバック 3.6R」(欧州仕様)
スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

2009年5月に日本でフルモデルチェンジを果たしたばかりの「レガシィ」シリーズが、欧州でお披露目される。

「レガシィ セダン/ワゴン」には2リッターおよび2.5の水平対向4気筒ガソリンエンジン(一部地域向けに2.5ターボも)を、「アウトバック」には2.5に加え、上級グレードとして3.6リッター水平対向6気筒を用意。さらに欧州市場では、先代に引き続き「スバルボクサーディーゼル」、すなわち水平対向4気筒ディーゼルエンジンもラインナップされる。
2.5リッターターボ以外の主力エンジンは、すべて欧州の排ガス規制「ユーロ5」をクリアしており、環境性能の高さもピーアールする。
欧州での「レガシィ」発売は、2009年夏頃の予定。

その他スバルブースでは、「ジャスティ」から「トライベッカ」までの市販モデルに加え、電気自動車「R1e」なども展示される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
レガシィB4スバルフランクフルトモーターショー2009イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
ホームへ戻る