スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

2009.08.10 自動車ニュース
「レガシィ セダン 2.0D」(欧州仕様)
スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

【フランクフルトショー09】スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展

2009年9月15日からドイツで開かれる第63回フランクフルトモーターショー(IAA)で、富士重工業は新型の「レガシィ」(セダン/ワゴン)と「アウトバック」を出展する。

「アウトバック 3.6R」(欧州仕様)
スバル、新型レガシィのディーゼルモデルを出展【フランクフルトショー09】

2009年5月に日本でフルモデルチェンジを果たしたばかりの「レガシィ」シリーズが、欧州でお披露目される。

「レガシィ セダン/ワゴン」には2リッターおよび2.5の水平対向4気筒ガソリンエンジン(一部地域向けに2.5ターボも)を、「アウトバック」には2.5に加え、上級グレードとして3.6リッター水平対向6気筒を用意。さらに欧州市場では、先代に引き続き「スバルボクサーディーゼル」、すなわち水平対向4気筒ディーゼルエンジンもラインナップされる。
2.5リッターターボ以外の主力エンジンは、すべて欧州の排ガス規制「ユーロ5」をクリアしており、環境性能の高さもピーアールする。
欧州での「レガシィ」発売は、2009年夏頃の予定。

その他スバルブースでは、「ジャスティ」から「トライベッカ」までの市販モデルに加え、電気自動車「R1e」なども展示される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る