【スペック】全長×全幅×全高=4700×1785×1505mm/ホイールベース=2700mm/車重=1640kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.1kgm/4400rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=535万円(テスト車=570万8050円)

レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】

プリウスとは、はっきり違う 2009.08.10 試乗記 レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)
……570万8050円


レクサス初のハイブリッド専用車として登場した「HS250h」。価格395.0万円からの高級ハイブリッドセダンは、「プリウス」と比べてどうなのか? 第一印象をお届けする。

組み合わせの妙

レクサスHS250hは、「プリウスに続くトヨタ2車種目のハイブリッド専用車」であると同時に、レクサスとしては「IS」とならぶDセグメントセダンだ。HSとISは価格もごく近い。レクサスのハイブリッド命名法からもわかるように、HS250hの動力性能は「ガソリンエンジン2.5リッター相当」である。ハイブリッド専用車と純エンジン専用車という違いがあるとはいっても、似たようなサイズと動力性能のセダンが同じショールームに2台もならぶことに日本人のわれわれは違和感がなくはない……のだが、考えてみれば北米のレクサスにはひとつ上のクラスでも以前から「GS」と「ES」(かつて日本でウィンダムだったアレ)があるわけで、アメリカ人の目から見れば奇策というほどでもないか。

ご存じのかたも多いかと思うが、ホイールベース2.7mのエンジン横置きFF……というHS250hのプラットフォームは「プリウス」と深い血縁関係にある。ただし、リアサスがダブルウィッシュボーンとなるのは、今のところレクサスHS専用。プリウスが「オーリス」由来ならHSは「ブレイド」由来。また2.4リッターエンジンが核となる動力システムはすでに北米で発売済みのカムリハイブリッドと基本的に同じで、今話題のプリウスと比較すると、エンジンのみならずモーターもバッテリーもエンジンにあわせて強化されている。

プラットフォームはCセグメント派生、しかもDセグとしては短めのホイールベースに全高1.5mオーバーという最近ではちょい珍しい背高パッケージ……で、少なくとも高級セダンとしての乗り味や質感についてはあまり期待していなかった私(失礼!)だが、結論をいうと、その方面でのトヨタの仕事っぷりは見事だった。

エンジンは、プリウスより排気量が600cc大きい2.4リッターが組み合わされる。システム全体の最高出力は190psで、プリウスより54psパワフル。
エンジンは、プリウスより排気量が600cc大きい2.4リッターが組み合わされる。システム全体の最高出力は190psで、プリウスより54psパワフル。
10・15モード燃費は、23.0km/リッター。より実用燃費に近いJC08モード燃費は、19.8km/リッター。
10・15モード燃費は、23.0km/リッター。より実用燃費に近いJC08モード燃費は、19.8km/リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

HSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る