第103回:【Movie】思わず「チロ〜リア〜ン!」 サービスエリア界のネバーランド発見

2009.08.08 エッセイ

第103回:【Movie】思わず「チロ〜リア〜ン!」 サービスエリア界のネバーランド発見

一見サービスエリアとは思えぬトロファーナ・チロル。
第103回:【Movie】思わず「チロ〜リアン!」 サービスエリア界のネバーランド発見

イタリアのサービスエリアはチョットヤバイ

イタリアの著名自動車誌『クアトロルオーテ』は、2009年8月号で、国内サービスエリア(SA)の番付を発表している。食堂の充実度やトイレの清潔さで、トップ10とワースト10を決めたものだ。

イタリアのSAはボクから見ても、食べ物の味の割に値段が高い、トイレの清潔度が低い等、及第点をあげられるところは少ない。にもかかわらず、トイレの外にはいまなおチップの置き場があったりする。

食堂の店員も無愛想であることが多い。そうかと思うと、日本のハンバーガーショップ同様、年配のおばさんが若者と同じユニフォームを着せられて働いていたりする。「やはり住宅ローンとか、きついっすか?」と涙が出てくる。
ワンランク下(?)のパーキングエリアにいたっては、トイレ設備さえないところが大半である。

屋外は屋内以上に困った状態だ。全部というわけではないが、いかさまトランプゲーム師が屋台を広げていることもある。あるエリアでは、勝手に交通整理員をやって、チップを稼いでいる親父がいた。そうかと思うと、先日は「ミラノまで行く金がなくなったので、貸してほしい」と、怪しい男がボクのもとに寄ってきた。とほほ、である。

チロル度数120%のインテリア。頭上には橋が。
チロル度数120%のインテリア。頭上には橋が。
いちごのケーキ。他にウィーン名物のザッハートルテもあり。
いちごのケーキ。他にウィーン名物のザッハートルテもあり。
常に湯気に晒されているためか、肌の色つやがよいウェイターのお兄さん。
常に湯気に晒されているためか、肌の色つやがよいウェイターのお兄さん。

チロルはいいぞ

ところが、国境をひとつ越えた国々のSAでは、こうした怪しいムードは一気になくなる。なかでもオーストリアにおけるアウトバーンのエリアは秀逸で、イタリアに住む身としては羨ましいかぎりである。
とくに筆者のお気に入りは、チロル地方A12号線沿いのイムスト周辺に作られた「トロファーナ・チロル」というSAである。

2002年の建設で、上下線どちらからでも進入できる。通行券の不正などないのか? とご心配の向きもあるかもしれないが、オーストリアは、ガソリンスタンドや国境で売っている“ヴィニェット”という通行証ステッカーを貼るだけ。アウトバーンには、特定の橋やトンネルを除き、料金所も通行券もない。

ご覧のとおり、思わずレジャーランドを通り越して、「ここはネバーランドか!?」と声をあげてしまうような演出が施されている。
いや、正しくは、チロル地方の歴史建築物のムードに限りなく近づけている本物志向だ。宿泊施設も併設されている。
建物各階と屋外部分を合わせた総面積は4万平方メートル。阪神甲子園球場(総面積約3万8500平方メートル)より大きいことになる。

ついでにいうと、サイクリングロードとも繋がっている。だから駐車場にクルマを停め、テールゲートから自転車やスケートを降ろして、楽しんでいるドライバーも数多く見かける。
なお、このSAのある村は人口580人だから、村にとっては画期的な新産業である。お客さんは思わず滞在時間が長くなる→おカネを落とす、という、うまい仕組みができている。ボクもついつい長居をして、出発時間が遅くなってしまうことがある。

オーストリアは、スイスやドイツの帰りに通過することが多い。そのため気がつけば、ボクにとってオーストリアで一番訪問回数が多い場所はというと、ウィーンよりもザルツブルクよりも、このレジャーランド風SAになっていたのであった。

今回は、そのレジャーランド風サービスエリアの様子を動画でお届けする。(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

クヌーデル(パンを砕いて固めた団子)とブレッツェル。これだけでうまい。
クヌーデル(パンを砕いて固めた団子)とブレッツェル。これだけでうまい。
地下には名産品がさりげなく。
地下には名産品がさりげなく。

【Movie(その2)】サービスエリアとは思えない建物の中に入ってみると

屋外テラスには花咲き乱れる。
第103回:【Movie】思わず「チロ〜リアン!」 サービスエリア界のネバーランド発見

【Movie(その2)】サービスエリアの中には、公園や池もある

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。