ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

2009.08.07 自動車ニュース

ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

独ポルシェAGは2009年8月6日、新型4シーター「パナメーラ」用に、メーカー装着のセットオプション「エクスクルーシブ」とディーラー装着オプション「テクイップメント」を提供すると発表した。

今年9月に「パナメーラ」の発売を控える、ポルシェ。今回、この期待のニューモデルにも、他ポルシェ車と同じく専用のオプション類を用意し、カスタマイズを希望する顧客のニーズに応えるとアナウンスした。

たとえば、ヨットの建造からヒントを得たという船舶用マホガニー材を使ったインテリアパッケージを提供。一方で、ギアセレクターレバーのデザインや、メーター類の文字盤の色といった、ユーザーの細かなオーダーにも応えられるようにするという。

2ドアのスポーツカーラインナップやSUVのカイエンで人気の高い“ヘッドレストのポルシェロゴ”は、パナメーラでもお約束のカスタマイズポイント。変わったところでは、ポルシェロゴ入りグラスとセットになった、容量10.5リッターの冷蔵庫もラインナップする。

同社では、パナメーラのカスタマイズカタログを9月までに用意。ニューモデルのローンチに備える。
なお、日本でのパナメーラの価格は、エントリーモデル「S」の1374.0万円から最上級「ターボ」の2061.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る