ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

2009.08.07 自動車ニュース

ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

独ポルシェAGは2009年8月6日、新型4シーター「パナメーラ」用に、メーカー装着のセットオプション「エクスクルーシブ」とディーラー装着オプション「テクイップメント」を提供すると発表した。

今年9月に「パナメーラ」の発売を控える、ポルシェ。今回、この期待のニューモデルにも、他ポルシェ車と同じく専用のオプション類を用意し、カスタマイズを希望する顧客のニーズに応えるとアナウンスした。

たとえば、ヨットの建造からヒントを得たという船舶用マホガニー材を使ったインテリアパッケージを提供。一方で、ギアセレクターレバーのデザインや、メーター類の文字盤の色といった、ユーザーの細かなオーダーにも応えられるようにするという。

2ドアのスポーツカーラインナップやSUVのカイエンで人気の高い“ヘッドレストのポルシェロゴ”は、パナメーラでもお約束のカスタマイズポイント。変わったところでは、ポルシェロゴ入りグラスとセットになった、容量10.5リッターの冷蔵庫もラインナップする。

同社では、パナメーラのカスタマイズカタログを9月までに用意。ニューモデルのローンチに備える。
なお、日本でのパナメーラの価格は、エントリーモデル「S」の1374.0万円から最上級「ターボ」の2061.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る