ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

2009.08.07 自動車ニュース

ポルシェ、「パナメーラ」発売に向けてオプションをスタンバイ

独ポルシェAGは2009年8月6日、新型4シーター「パナメーラ」用に、メーカー装着のセットオプション「エクスクルーシブ」とディーラー装着オプション「テクイップメント」を提供すると発表した。

今年9月に「パナメーラ」の発売を控える、ポルシェ。今回、この期待のニューモデルにも、他ポルシェ車と同じく専用のオプション類を用意し、カスタマイズを希望する顧客のニーズに応えるとアナウンスした。

たとえば、ヨットの建造からヒントを得たという船舶用マホガニー材を使ったインテリアパッケージを提供。一方で、ギアセレクターレバーのデザインや、メーター類の文字盤の色といった、ユーザーの細かなオーダーにも応えられるようにするという。

2ドアのスポーツカーラインナップやSUVのカイエンで人気の高い“ヘッドレストのポルシェロゴ”は、パナメーラでもお約束のカスタマイズポイント。変わったところでは、ポルシェロゴ入りグラスとセットになった、容量10.5リッターの冷蔵庫もラインナップする。

同社では、パナメーラのカスタマイズカタログを9月までに用意。ニューモデルのローンチに備える。
なお、日本でのパナメーラの価格は、エントリーモデル「S」の1374.0万円から最上級「ターボ」の2061.0万円までとなっている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・パナメーラ ターボ」
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
「ポルシェ・リアシートエンターテイメント」を選んだパナメーラのインテリア。タッチパネル式のスクリーンで、最上級のAV機能が楽しめるという。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。
こちらは、リアシートの間に組み込める冷蔵庫。内部は6度に保たれる。

関連キーワード:
パナメーラポルシェカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
ホームへ戻る