新型メルセデス・ベンツ「Eクラスワゴン」がフォトデビュー

2009.08.07 自動車ニュース

新型メルセデス・ベンツ「Eクラスワゴン」がフォトデビュー

新型メルセデス・ベンツ「Eクラスワゴン」がフォトデビュー

独ダイムラーは、新型メルセデス・ベンツ「Eクラスワゴン」の写真と概要を発表した。欧州では2009年11月に発売される。

■さらに便利に使いやすく

ダイムラーは、新型のメルセデス・ベンツ Eクラスワゴンを、2009年11月に発売することを正式に発表した。これによりEクラスのラインナップは、セダン、クーペ、ワゴンが出揃うことになる。

新型Eクラスワゴンのボディサイズは、全長×全幅×全高=4895×1854×1471mm。セダンと比べ全長が27mm長く、幅と高さはほぼ同じだ。

室内は先代モデル比で、後席スペースが左右方向に50mm、上下方向にも50mm拡大した。荷室容量は、後席格納により最大1950リッターにまで拡大可能。また、「クイックフォールド」機能により、荷室側からリアシートをワンタッチで折りたためるようになった。

さらに、電動開閉式のテールゲート「イージーパック」機能も採用された。これはテールゲートの開閉と連動してトノカバーが展開される仕組みで、荷物の出し入れが容易にでき、トノカバーをその都度引き出す手間も省かれる。

走りにかかわる部分では、リアサスペンションにエアサスが標準装備されるのがワゴンならでは。積載量にあわせて車高を自動調整するセルフレベライザー機能により、常に高い操縦安定性と快適性が保たれるという。

デビュー時のラインナップは、ガソリンが「E350 CGIブルーエフィシェンシー」(292hp)と「E500」(388hp)、ディーゼルは「E220 CDIブルーエフィシェンシー」(170hp)、「E250 CDIブルーエフィシェンシー」(204hp)、「E350 CDIブルーエフィシェンシー」(231hp)の計5タイプ。

さらに2010年の第一四半期には、ガソリンの「E200 CGIブルーエフィシェンシー」(183hp)、「E250 CGIブルーエフィシェンシー」(204hp)、「E350 4マチック」(272hp)と、ディーゼルの「E200 CDIブルーエフィシェンシー」(136hp)、「E350 CDI 4マチック ブルーエフィシェンシー」(231hp)が追加予定となっている。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る