【スペック】370GT FOUR Type P:全長×全幅×全高=4635×1800×1600mm/ホイールベース=2800mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3.7リッターV6DOHC24バルブ(330ps/7000rpm、36.8kgm/5200rpm)/価格=499万8000円(テスト車=531万3000円/セーフティシールドパッケージ=16万8000円/サンルーフ+ルーフレール=14万7000円)

日産スカイラインクロスオーバー370GT Type P/370GT FOUR Type P【試乗速報】

インフィニティよりいい感じ 2009.08.06 試乗記 日産スカイラインクロスオーバー370GT Type P(FR/7AT)/370GT FOUR Type P(4WD/7AT)
……489万3000円/531万3000円

日産のビッグネーム「スカイライン」を冠する“背高モデル”が誕生した。クーペとSUVのいいトコ取りを謳うその新型、どんな走りを見せるのか?

日本ノミナサン、コンニチハ。

「スカイラインクロスオーバー」は、クーペとSUVの融合から生まれた、と言うのがメーカーの主張である。SUVの「S」はもともとスポーツを意味する。セダンの「スカイライン」を5ドアハッチバック化し、多少オフロード性も考慮して背を高く、ホイールベースの長さを50mmほど切り詰め運動性能的にも軽やかにした“高性能SUV”として納得できる。

そんな説明はともかく、実体はアメリカ市場向けの「インフィニティEX35」の国内版である。アメリカ本土には、「FX」というさらに大きく魅力的なSUVも存在するが、FXほどのサイズを必要としない堅実なファミリーに向けられたのがEXであり、これが日本の市場にも合うのではないか、という目論見のもとにスカイラインクロスオーバーは登場した。

実車を目のあたりにすると、ルーフレール込みで全高1.6mの体躯から大きなクルマという印象を受ける。
しかし、ひとまわりしてみると、幅1.8mと長さ4.63mの寸法の割には、むしろコンパクトだとも感じる。特にこのクルマのチャームポイントである斜め後方からの造形には、短いオーバーハングも手伝って、ハッチバック特有の軽快さが感じられる。逆に長いノーズはややクラシックな趣きで、見た目のバランスは重い。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る