【スペック】370GT FOUR Type P:全長×全幅×全高=4635×1800×1600mm/ホイールベース=2800mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3.7リッターV6DOHC24バルブ(330ps/7000rpm、36.8kgm/5200rpm)/価格=499万8000円(テスト車=531万3000円/セーフティシールドパッケージ=16万8000円/サンルーフ+ルーフレール=14万7000円)

日産スカイラインクロスオーバー370GT Type P/370GT FOUR Type P【試乗速報】

インフィニティよりいい感じ 2009.08.06 試乗記 日産スカイラインクロスオーバー370GT Type P(FR/7AT)/370GT FOUR Type P(4WD/7AT)
……489万3000円/531万3000円

日産のビッグネーム「スカイライン」を冠する“背高モデル”が誕生した。クーペとSUVのいいトコ取りを謳うその新型、どんな走りを見せるのか?

日本ノミナサン、コンニチハ。

「スカイラインクロスオーバー」は、クーペとSUVの融合から生まれた、と言うのがメーカーの主張である。SUVの「S」はもともとスポーツを意味する。セダンの「スカイライン」を5ドアハッチバック化し、多少オフロード性も考慮して背を高く、ホイールベースの長さを50mmほど切り詰め運動性能的にも軽やかにした“高性能SUV”として納得できる。

そんな説明はともかく、実体はアメリカ市場向けの「インフィニティEX35」の国内版である。アメリカ本土には、「FX」というさらに大きく魅力的なSUVも存在するが、FXほどのサイズを必要としない堅実なファミリーに向けられたのがEXであり、これが日本の市場にも合うのではないか、という目論見のもとにスカイラインクロスオーバーは登場した。

実車を目のあたりにすると、ルーフレール込みで全高1.6mの体躯から大きなクルマという印象を受ける。
しかし、ひとまわりしてみると、幅1.8mと長さ4.63mの寸法の割には、むしろコンパクトだとも感じる。特にこのクルマのチャームポイントである斜め後方からの造形には、短いオーバーハングも手伝って、ハッチバック特有の軽快さが感じられる。逆に長いノーズはややクラシックな趣きで、見た目のバランスは重い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る