【スペック】TSI:全長×全幅×全高=4255×1810×1420mm/ホイールベース=2575mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)/価格=392.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・シロッコTSI(FF/7AT)【試乗記】

目立つ・使える・楽しめる 2009.08.05 試乗記 フォルクスワーゲン・シロッコTSI(FF/7AT)
……392.0万円
フォルクスワーゲンのラインナップに新しく加わったスポーティクーペ「シロッコ」に試乗。ベースとなる「ゴルフ」との違いは、見た目以上に大きかった。

個性も実用性も

フォルクスワーゲンには興味があるけれど、「ゴルフ」には乗りたくない。世の中にはそんなユーザーがいるはずだ。なにしろゴルフは日本でいちばんよく見かけるガイシャである。フォルクスワーゲンならではのイイモノ感を享受するには理想的だが、個性を主張するには不向きだ。

ゴルフをベースにして生まれた「シロッコ」は、そこが大きく違う。なにしろ目立つ。ゴルフより45mm長く、20mm幅広く、65mm低いボディは、それ以上にワイド&ローに見える。とくにキャビンからテールゲートにかけての大胆な絞り込みが鮮烈だ。

クーペということで実用性の低さを気にする人もいるだろう。しかし長さ1.8mのロングルーフのおかげで、身長170cmぐらいのおとな4人がガマンせずに乗れる。ラゲッジスペースはリアシートを立てた状態でも「ポロ」を上回る312リッターを確保し、シートを倒せば1006リッターにまで広がる。ゴルフの代わりになり得るユーティリティの持ち主だ。しかも走りでは確実に上をいくのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロッコの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る