「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」発表

2012.10.30 自動車ニュース
「クロストゥーラン」
フォルクスワーゲン、「クロストゥーラン」を発表

フォルクスワーゲン、「クロストゥーラン」を発表

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年10月30日、「ゴルフトゥーラン」の追加モデル「クロストゥーラン」を発表した。同年11月20日に販売を開始する。

「クロストゥーラン」は7人乗りのミニバン「ゴルフトゥーラン」をベースに、エクステリアを中心に専用装備を施した「アクティブでスポーティーなモデル」(プレスリリース)。2011年開催の東京モーターショーに参考出品されていた。

エクステリアでは、専用デザインのフロント&リアバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、サイドスカート、17インチアルミホイールなどを装備。また、全高は専用サスペンションを採用することで10mmアップしている。

インテリアでは、専用デザインのファブリックシートや純正ナビゲーションシステム、リアビューカメラなどが装備される。

エンジンは「ゴルフトゥーラン」と同じく1.4リッターのツインチャージャーTSIエンジン(140ps/5600rpm、22.4kgm/1250-4000rpm)を搭載。トランスミッションは乾式7段DSGが組み合わされる。

価格は348万円。ナビゲーションなどが標準装備されながらも、「ゴルフトゥーランTSIハイライン」の9万円高に抑えられた価格設定となっている。

(工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る