【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=599万円(テスト車=687.5万円/セーフティパッケージ=20万円/ファミリーパッケージ=4万円/セキュリティパッケージ=15万円/ガラスルーフ=20万円/ウッドパネル=2万円/ツインサブウーハー=7.5万円/エクステリアスタイリング・パッケージ=20万円)

ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)【試乗速報】

ペットのラクダ 2009.08.04 試乗記 ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)
……687.5万円

日本上陸を果たしたボルボ初のクロスオーバー「XC60」。試乗をしてみると、ライバルとなるドイツ勢のミディアムサイズSUVとは異なる魅力を備えていた。

ドイツ勢の対立候補

日本の道でもギリギリ持て余さないサイズだし、市街地での乗り心地はいいし、高速ではパワフルだし……。輸入車界の新たな人気者になる可能性がある(というか、なりつつある)のが、ミディアムサイズのSUVだ。で、このセグメントがホントに盛り上がるのかどうかの鍵を握っているのが、2009年8月より日本への導入が始まる「ボルボXC60」だと思う。

「ミディアムサイズのSUVに注目!」なんていっても、このセグメントは実質的にドイツ車による“一党支配”になっているわけです。輸入車の中からミディアムサイズのSUVを選ぼうと思ったら、それはドイツ車オーナーになるということと、ほぼイコールだ。

まあ、「VWティグアン」も「アウディQ5」も「BMW X3」も「メルセデス・ベンツGLK」も、それぞれみんなよくできているから、ドイツ連立与党の一党支配でも問題ないっちゃあ問題ない。でも、「われわれはドイツ車とは違う魅力を提供します」と公約する対立候補が現れれば、注目度がグッと上がって活気を帯びるはず。

ボルボXC60は、まずデザインでドイツ勢との違いを強烈にアピールする。このクラスのドイツ勢の外観はわりとシンプルで男っぽく、その道具っぽさが魅力でもあるけれど、このクルマははっきりと違う路線を狙っている。ベタな書き方をすると、広尾や白金の奥様が乗っても似合いそうな、キラキラしたカッコなのだ。


ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)【試乗速報】
特徴的な形のテールランプには、LEDのポジションランプが用いられている。XC70と比べると、全幅は変わらないのに全長が215mmも短くなっていることから、かなりワイド&ショート化が進んだ。ライバルと比べると、アウディQ5とは全長と全幅がほぼ一緒であるけれど、XC60のほうが55mmほど背が高い。BMW X3よりは、全体にひとまわり大きい。
ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 D4 SE(FF/8AT)/V40 D4 SE(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.23 試乗記 主要5モデルにディーゼルエンジン車を一気に設定し、日本市場に攻勢をかけるボルボ。国内販売の5割以上をディーゼルが占めることになると同社は言うが……。「XC60」と「V40」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る