日産の新型電気自動車「リーフ」がお披露目に

2009.08.02 自動車ニュース

日産の新型電気自動車「リーフ」がお披露目に

日産自動車は2009年8月2日、2010年に発売予定の量産電気自動車(EV)「リーフ」をプレス関係者にお披露目した。

■低エミッションではなく、ゼロエミッション

公開されたばかりの新開発EV専用プラットフォームを用いた量産EVの外観が、ついに明らかになった。
2010年後半に日本および北米で発売が予定される同車の名は「リーフ」。大気を浄化する作用を持つ「葉(leaf)」に由来するという。カルロス・ゴーン社長の「エミッションが少ないのではなく、エミッションがゼロとなるクルマを」という意志の下、生まれたクルマである。

ボディは5人乗りの5ドアハッチバックで、コンパクトカー「ティーダ」ほどのサイズ。張り出した前後フェンダーやショルダーラインが特徴的だ。さらにヘッドランプやドアミラーの形状、リアのディフューザーからも、空力性能の良さが想像できる。
インテリアにはブルーの照明が各所に配される。日産ではこの色をEVのアイコンカラーとして用いるようだ。コンパクトな独自開発のリチウムイオンバッテリーはフロア下に置かれ、居住空間にも配慮された。

唯一の動力となるモーターは、80kwと28.5kgmという最高出力および最大トルクを発生。従来のガソリンエンジン車と同等の、高いレスポンスと運転の楽しさをピーアールする。
充電はフロントの日産エンブレムが備わるフタを開けた部分から行われる。急速充電器を使うと30分で80%の、200Vの普通充電では8時間で満タンのエネルギーをバッテリーに蓄える。フル充電時の航続可能距離は160kmとアナウンスされた。

EV専用となるITシステムを搭載することもニュース。到達可能エリアや充電ステーションの案内をするなど、運転者をサポートする機能を持つ。

車両価格は明らかにされていないが、リーフは「お求めやすい価格」も特徴としており、他のCセグメント車両と同等の競争力を持たせることを目標としている。

(webCG 本諏訪)

→日産「リーフ」の写真特集はこちら
日産の新型電気自動車「リーフ」

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る