日産の先進技術を体験(前編)2010年発売の電気自動車(EV)実験車両にチョイ乗りした

2009.08.01 自動車ニュース

日産の先進技術を体験(前編)2010年発売の電気自動車(EV)実験車両にチョイ乗りした

日産自動車は、2010年に北米と日本で発売する電気自動車(EV)の新しいプラットフォームと、同プラットフォームをベースにした実験車両を公開。プレス向けに実験車両の試乗会を行った。

■EV専用プラットフォーム+独自開発モーター

日産が2010年の発売を目指して開発を進めているEVは、EV専用に開発されたプラットフォームに、日産が独自に新開発したモーターと、コンパクトなラミネート構造のリチウムイオンバッテリーを搭載する。また、EVの利用をサポートするITシステムを備えるのも注目のひとつ。

専用プラットフォームの特徴は、薄型のラミネート型バッテリーを、フロア下にレイアウトできること。これによりバッテリー搭載量の最大化と室内の広さを両立。日常十分な航続距離と、コンパクトカー並みの居住スペースを確保するという。
また、“静かさ”にもこだわる。車体骨格にバッテリーを支えるフレームや、インバーター固定用フレームを追加し、高い車体剛性を実現。車外からの音や振動を抑制すると謳われる。

■1回の充電で160km走行できる

1992年からリチウムイオンバッテリーの研究開発を進めてきた日産は、2007年4月、NEC、NECトーキンと合同でオートモーティブエナジーサプライ(株)を設立。量産化に向けて取り組んできた。

発売予定のEVに搭載されるリチウムイオンバッテリーは、電極素材の改良や、円筒型からラミネート型への変更を実施。1998年から2000年に試験運用したEV「ハイパーミニ」と比べ約2倍のエネルギー量を実現したという。
4枚のラミネート型セルを1モジュールとして、48個のモジュールをシート床下に搭載。1回の充電で走行できる距離は、米国のLA4モードで160km。十分な航続距離を確保するために、減速時にはブレーキとモーターを制御し、減速エネルギーを有効活用する回生協調ブレーキを採用する。
充電時間は、家庭用の100Vで16時間、200Vで8時間。急速充電の場合は約30分程度で充電完了となる。

自社開発のモーターは、80kw/28.5kgmという出力とトルクを発生。6月に発表された「三菱i-MiEV」(47kW/18.4kgm)と比べると33kw/10.1kgm上まわる。高いレスポンスと低回転での十分なトルク、独自のモーター制御によりスムーズで力強い加速を実現したという。

■EV専用のITサポート機能

日産のEVで注目の装備は、専用のITサポート機能。これは、車載通信ユニットと日産のグローバルデータセンターを活用し、EVライフを24時間365日サポートするシステムだ。

たとえば、目的地までの距離を差し引いたうえで、さらに航続可能エリアを案内するなどの機能をもつ「航続可能エリアの表示」や、充電スタンドの最新情報を知らせる「充電スタンド自動更新」などがナビ画面で確認できる。また、クルマから離れたところにいても、充電やエアコンの設定を予約できる「タイマー機能」や、携帯電話などで充電残量が確認できたり、充電中であれば充電完了をメールで通知する「EVリモートコントロール・モニタリング機能」などがある。

EVで一番不安なのは、充電スタンドがまだまだ不足しているということ。実際に購入した人にとって、いろんな意味で安心できるサービスといえる。

■チョイ乗りしてみた

実験車両が公開された日、日産の追浜テストコースでほんの少し試乗することができた。
ティーダベースのEV乗り込む。すでにエンジン、ではなく電源はオンになっていたが全く音がしなかった。日々編集部の「プリウス」に乗ることが多いので、静かな室内に慣れてはいるけれど、純EVの静けさはそれでも新鮮な感覚。
あくまで実験車両だったので、室内のレイアウトは市販車と異なるとのことだが、操作はガソリン車と基本的に同じ。シフトをDレンジに入れて、サイドブレーキを解除する。
アクセルを踏み込むと、無音のままフワッと走り出す。EVならではの力強い加速で一気にコースへ。パワーの伸びにも物足りなさはなく、むしろ余裕な走りを感じた。市販モデルの登場が本当に楽しみだ。

2010年、もうまもなく発売されるであろう日産のEV。EV専用にデザイン・設計されるという全く新しいクルマの全貌は、この週末8月2日に公開される予定だ。

(文=webCG ワタナベ/写真=峰昌宏)

【後篇】安心の「コーナリング」をサポートするシステム
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000021626.html

 
日産の先進技術を体験(前編)2010年発売の電気自動車(EV)実験車両にチョイ乗りしたの画像 拡大
新開発されたEV専用のプラットフォーム。フロア下に積まれるシルバーの箱がバッテリーモジュール。48個のモジュールが搭載されたバッテリーパックは、1200×1640×260mmの大きさ、平均電圧は345V、エネルギー容量24kWh、出力90kW以上。
新開発されたEV専用のプラットフォーム。フロア下に積まれるシルバーの箱がバッテリーモジュール。48個のモジュールが搭載されたバッテリーパックは、1200×1640×260mmの大きさ、平均電圧は345V、エネルギー容量24kWh、出力90kW以上。 拡大
 
日産の先進技術を体験(前編)2010年発売の電気自動車(EV)実験車両にチョイ乗りしたの画像 拡大
充電中
充電中 拡大
【実験車両スペック】駆動方式:モーター前置き前輪駆動/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:80kW/28.5kgm、バッテリー:345V/24kWh)/航続距離:160km(US LA4モード)/最高速度:140km/h/定員:4〜5名
【実験車両スペック】駆動方式:モーター前置き前輪駆動/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:80kW/28.5kgm、バッテリー:345V/24kWh)/航続距離:160km(US LA4モード)/最高速度:140km/h/定員:4〜5名 拡大
 
日産の先進技術を体験(前編)2010年発売の電気自動車(EV)実験車両にチョイ乗りしたの画像 拡大

関連キーワード:
リーフ日産電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車 2018.6.1 自動車ニュース 日産自動車は2018年6月1日、電気自動車「リーフ」に、国内累計販売台数が10万台を超えたことを記念した特別仕様車「X 10万台記念車」を設定し、販売を開始した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る