第102回:スーパー店頭に「ポール・フレール」仕様登場!?

2009.08.01 エッセイ

第102回:スーパー店頭に「ポール・フレール」仕様登場!?

いい加減なイラストはダメよ

日頃きわめて温厚なことで知られるボク(当社比)だが、唯一許せないものがある。 それは「いい加減な自動車の絵」である。図1は、運転免許保持者の大人に、ただ一言「クルマの絵を描いて」と言って作画させたものだ。

何も指示していないにもかかわらず、窓が先代「フォルクスワーゲン・パサート」風の6ライトスタイルになっていたり、偶然にも今ふうの超偏平タイヤになっているのには感激。リアから描き始めたら、フロントが紙に収まらなくなってしまったのはご愛嬌……だが、ドアの取っ手位置が、前後とも前に寄っている。さらに、前ドアがフロントフェンダーに喰い込んでいる。よくある素人が描く自動車画そのものである。
ボクが知る、こうしたスタイルに限りなく近いクルマは、戦後ルノーの「4CV」(写真1)だが、それでも後方ドアは前ヒンジだ。前フェンダーも、膨らみをドアまで引きずってはいるものの、フェンダーの切り欠きとは干渉していない。

普通の人が、どのようにクルマの絵を描こうと勝手だ。だが、情けないのは、結構名の知れたイラストレーターでも、ときとして風景画の端にこうしたいい加減なクルマを描き、都会のド真ん中の個展で高額で売っていたりすることである。

絵本などにもこうした謎のクルマは登場する。こういう子供騙しともいえるクルマの絵が溢れていては、未来のカーデザイナーは育たない。と、ボクは危惧して腹をたてている今日このごろである。
だから逆に、妙にクルマを正確に描き込んだ絵本を発見すると、思わず作者に連絡をとってみたくなる。

怪獣ではなく恐竜の模型、ぬいぐるみではなくリアルな動物のおもちゃのほうが、子供の教育上良い。自動車産業の明るい未来のためにも、子供にはある程度リアルなクルマが描かれたものを与えたほうが良いに違いない。

まあ、そう言うボク自身は、仮に「クワガタとゴキブリを正確に描きわけよ」といった問題が出た場合、かなり怪しい作品になりそうだが。

「クルマの絵」と言ってサインペンと色鉛筆で描いてもらった絵。(図1)
「クルマの絵」と言ってサインペンと色鉛筆で描いてもらった絵。(図1)
1950年「ルノー4CV」。(写真1)
1950年「ルノー4CV」。(写真1)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。