【スペック】全長×全幅×全高=4880×1855×1455mm/ホイールベース=2875mm/車重=1890kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800-4800rpm)/価格=1080.0万円(テスト車=1099.5万円/ガラススライディングルーフ=19.5万円)

メルセデス・ベンツE550アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】

良いクルマというより良い機械 2009.07.31 試乗記 メルセデス・ベンツE550アバンギャルド(FR/7AT)
……1099.5万円

プラットフォームを一新、「メルセデス・ベンツEクラス」が7年ぶりにフルモデルチェンジした。最近のメルセデスにやや抵抗感を持っていたリポーターだが、5.5リッターエンジン搭載の最上級グレードに試乗して感じたのは……。

メルセデス・ベンツE550アヴァンギャルド(FR/7AT)【短評】

写真の印象は良くなかったけれど

「新しく、しかもいい機械と過ごしたな」。メルセデスの新しいEクラスで一日箱根に行った後での感想は、一言でいうならこうだった。体内に規則正しい鼓動のリズムが残り、遠くから常に全身をマッサージし、耳を軽く刺激していたような振動とノートがまだ残っていた。それを思い出していると、圧倒的な信頼感に包まれて過ごした時間がよみがえってきた。

最近のメルセデスは個人的には抵抗がある。クソマジメなエンジニアと遊びを知らないデザイナーが、よりよき製品を目指して努力したような一昔前のメルセデスに比べると、どうも近年のモデルはちょっと商売気が目についてしまう。特にスタイリングはややえぐい。若いデザイナーに押されてしまって、流行のモードを選んだのはいいものの、元々持っていたヤボ臭いテイストが却って強調された感じで、それほどクールでもなければシャープでもマジメでもないように目に映る。
乗っても昔のような鷹揚さというか大人(たいじん)の感覚は消えて、良く走るし速いけれど、しっとりとした情感が失われているように感じるクルマも少なくない。

新型Eクラスも、写真だけではあまり印象が良くなかった。挑戦的な面構え、鋭くて折り目が強調されたキャラクターライン、そして昔のモデルの引用というよりは、あきらかにマッチョに見せたいから採用したようなリアフェンダーラインなど、どうも品格が悪くなったように思えたのだ。しかも試乗車は、これをさらにAMGルックで武装し、でかいV8を与えられたE550アバンギャルドなのだという。

だがクルマはやはり乗ってみてナンボのもの。一日付き合ったら、これが予想外にマジメな機械だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る