三菱「eK」「トッポ」が一部改良で燃費アップ

2009.07.30 自動車ニュース

三菱「eK」「トッポ」が一部改良で燃費アップ

三菱自動車は、軽自動車「eKワゴン」「eKスポーツ」「トッポ」に一部改良を施し、2009年8月19日に発売すると発表した。

■エコカー減税の対象に

「eKワゴン」「eKスポーツ」「トッポ」の3車種に、エンジンとトランスミッションの制御見直しや、走行抵抗を低減させるなどの改良が施された。これにより燃費は、0.4〜2.2km/リッター向上した。

今回の改良を受け、eKワゴンの4つのグレード(NAの2WD・4AT車、4WD・5MT車)、eKスポーツの2つのグレード(NAの2WD・4AT車)、トッポの3つのグレード(NAの2WD・4AT車)は、あらたにエコカー減税(50%低減)の対象となった。

さらに上記3車種では、メーカーオプションのナビゲーションをHDDタイプから省電力性・耐衝撃性に優れるSSD(ソリッドステートドライブ)に変更。ボディカラーに新色も追加された。

トッポは、サイドターンランプのレンズ色やホイールデザインなど、エクステリアデザインの変更も行われた。

eKワゴンの5MT車以外は価格は据え置きとされた。eKワゴンは、97万6500円から123万9000円、eKスポーツは127万500円から155万4000円、トッポは93万4500円から156万9750円。

(webCG 曽宮)

eKワゴン
eKワゴン
eKスポーツ
eKスポーツ
トッポ
トッポ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る