クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4250×1790×1290mm/ホイールベース=2495mm/車重=1500kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(204ps/6300rpm、25.5kgm/2750-3000rpm)/価格=523万円(テスト車=579万2000円/メタリックカラー(ディープシーブルー)=7万5000円/Hi-Lineパッケージ=38万円/アッシュウッドトリム=7万2000円/スルーローディングシステム=3万5000円)

BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【試乗記】

納得のいく進化 2009.07.30 試乗記 BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)
……579万2000円
「ロードスター」と「クーペ」をひとつにまとめ、リトラクタブルハードトップを採用した新型「Z4」。旧型との違いはいかなるものか? 2.5リッターモデルでその走りを試した。
ボディ剛性が高められた新型。事故による横転時には、中空ロールオーバーバーで強化されたAピラーとヘッドレスト後ろに備わるロールオーバーバーが乗員のヘッドスペースを確保する。
BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【短評】

ハードトップ採用の理由

100年以上にわたるガソリン自動車の歴史で、スピードとともに重視されてきたのが快適性である。「より速く、より楽に」が人間の要求なんだからしかたない。その流れは現在も続いていて、たとえばオープンカーではソフトトップに換えてリトラクタブルハードトップを採用したクルマも多い。今年発売された新型車では「プジョー308CC」と「レクサスIS250C」の2台がリトラクタブルハードトップを採用している。

今回試乗した新型「Z4」はまさにソフトトップからの変更である。もっともZ4の場合、他車とは違う事情がある。前回のマイナーチェンジで追加した「クーペ」の販売が今ひとつで、両車を統合させるためのハードトップ化でもあったのだ。ファストバックスタイルのクーペが好きだったひとりとしては残念な裁定だが、決まった以上は従うほかない。

荷室容量は、クローズ時で旧型より50リッター増え310リッター。オープン時にも180リッターのスペースを確保する。
写真をクリックするとクローズ時の荷室の様子が見られます。
BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【短評】

ボディはルーフをトランクに収めるために全長が150mm伸び、フロントマスクも今風に整形されているが、雰囲気が変わった感じはしない。旧型はリアオーバーハングが短めだったから、バランスがよくなったように思える。というか、違いはむしろインテリアのほうが大きい。

BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【短評】

頑固な思想

旧型のシンプル&モダンなシンメトリーデザインは、スポーツカーとしては進みすぎていたのか、新型はドライバー中心の造形に仕立て直され、同時に光り物が増えた。ウルトラワイドなカーナビ画面、iDriveや電動パーキングブレーキの採用もそうだが、ハードトップ化に合わせてラクシャリースポーツへの転進を図ろうとしているようだ。

写真をクリックするとルーフ開閉の動きが見られます。
BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【短評】

ルーフの開閉は約20秒と、リトラクタブルハードトップとしてはかなり早い。それ自体はうれしいのだが、車両が少しでも動くと作動を止めてしまうのは、どうしてだろうか。短めの信号待ちやノロノロ運転など、開閉の途中で発進しなければならない場面はけっこうある。せめて10km/h以下でもいいから動かせるようにしてほしい。

そういえば電動パーキングブレーキも、他車の多くがアクセルペダルを踏むと自動的にリリースされるのに、新型Z4は手動解除が原則となっている。南ドイツ生まれのオープンカーだから、もっとおおらかな乗り物かと思ったら、予想以上に頑固な思想の持ち主だった。

関連キーワード

違いは乗り心地

新型Z4には「sDrive35i」と「sDrive23i」の2グレードがある。今回乗ったのは後者だ。排気量は2.5リッターで、最高出力は204ps、最大トルクは25.5kgmと、177ps/23.5kgmだった旧型2.5iよりアップしているのに、なぜか23iと過少申告をしている。
車重はハードトップ化により100kgを上乗せしている。しかしパワーやトルクがアップしたこともあり、加速が鈍くなったという印象は抱かなかった。自然吸気エンジンならではの回す楽しさやクリアなエンジン音はそのまま。豪快な加速や排気音がウリの35iとは別の種類のドライビングプレジャーが味わえる。

BMWのオープンカーは、全般的に風の巻き込みが多めであり、新型Z4も例外ではない。逆にルーフを閉じてもロードノイズのこもり音などに悩まされることはなく、ノイズの遮断はこの種のボディではかなり優れている。
旧型とあきらかに違うのは乗り心地だ。ランフラットタイヤのコツコツ感が消え、落ち着き感がアップしている。旧型でも不満のなかったボディ剛性はさらにアップしたようで、屋根の開け閉めで乗り心地が変化するようなことはない。ところがハンドリングは、オープンとクローズドでやや違いがみられた。

車買取・中古車査定 - 価格.com
新型「Z4」は、「ダイナミック・ドライビング・コントロール」という、走行特性を調整するシステムを装備する。「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ+」の3段階で、エンジン・レスポンス、トランスミッションのシフトタイミングやステアリングのアシストなどを自動調整するものだ。
BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【短評】

デフォルトはオープン

ルーフを閉じた状態ではBMWとしては珍しく、ノーズの重さを感じる。ターンインに旧型のような軽快感かなく、立ち上がりでアクセルを開けても旋回を強めてはくれない。ならばと屋根を開けると、BMWらしさ、FRらしさを一気に取り戻す。リア荷重が増えるのでDSC(スタビリティコントロール)の作動機会も減る。こちらがデフォルトであることは明白だ。

DSCは、ワンプッシュでTRC(トラクションコントロール)だけオフになり、長押しで全機能がキャンセルされるが、パワーがありあまっているわけではないので、挙動が大きく変わることはない。
また新型は、シフトレバー脇のスイッチでスロットル、トランスミッション、ステアリングのレスポンスを3段階に変えられる「ダイナミック・ドライビング・コントロール」を備えるが、23iの性格ならノーマルとスポーツの2段階で十分にも思えた。

些細なことばかり書いてきた感もあるが、それは決定的な短所がないためでもある。なんだかんだいってリトラクタブルハードトップはありがたい。一度利便性を知ってしまうと、なかなかソフトトップに戻れないのは、ケータイやエアコンに通じるものがある。もともとBMWはハコ(ツーリングカー)が得意なブランドだから、ハードトップ化は納得できる進化ではないだろうか。

(文=森口将之/写真=高橋信宏)

あなたにおすすめの記事