【スペック】全長×全幅×全高=4635×1795×1415mm/ホイールベース=2730mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(215ps/6400rpm、26.5kgm/3800rpm)/価格=535万円(テスト車=589万2850円)

レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】

レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT) 2009.07.28 試乗記 ……589万2850円
総合評価……★★★
もっとも新しい“オープン・レクサス”「IS250C」。リトラクタブルハードトップを得た走りは、どのようなものなのか? 初夏の箱根でテストした。

現実的なハレぐるま

IS250Cのようなスペシャリティーカーは、走りのためのテクノロジーを前面に押し出したスポーツカーとは違い、「なんにも気にせず乗れる」ことがひとつの大事な性能だ。ドライバーが肩肘張らずに乗るために、高度な技術が注がれる。
そういう意味でレクサスIS250Cは、率直に「いいクルマ」といえる。そしてその影に、実に入念なボディチューニングの努力が隠されている、と確かに感じられた。

その詳細は後述するとして、最近のレクサスは、初期にみられたようなキャラクターを前面に押し出すための直情的なハンドリングやエンジン特性が影を潜め、トヨタとしての本分を取り戻したように感じる。つまり、派手さはないがしっとりとした味付けで、毎日乗るユーザーにとって強い味方になるはずである。
また価格的にみても、このIS250Cは優秀だ。4.3リッターV8と2.5リッターV6の違いはあれど、同じレクサスの兄貴分「SC」よりも遥かに現実的な数字だし、ラゲッジなどのユーティリティ面でも上をいく。BMWの335iカブリオレ(802万円)やメルセデスのCLK(885万円)に比べても価格的なアドバンテージは圧倒的。これなら、初めての4シーターカブリオレに挑戦することも夢ではなくなる!?
派手過ぎない外観のおかげで、お隣さんを必要以上に刺激することもないだろう。若干間延びしてしまったサイドビューが気になるところではあるけれど……。

 
 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像
 
 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.28 試乗記 ……589万2850円
    総合評価……★★★

    もっとも新しい“オープン・レクサス”「IS250C」。リトラクタブルハードトップを得た走りは、どのようなものなのか? 初夏の箱根でテストした。
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】 2009.6.1 試乗記 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)
    ……582万6700円

    “インテリジェントスポーツ”たる「レクサスIS」が、開閉可能なメタルトップを獲得。オープンバージョンとなった新型の乗り味を、ワインディングロードで試した。
  • レクサスのオープン IS350C登場 2010.8.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2010年8月25日、「レクサスIS」のオープンモデルに、3.5リッターV6エンジン搭載の新グレード「IS350C」を追加設定し、発売した。
  • レクサスIS350C(FR/6AT)【試乗記】 2010.12.19 試乗記 レクサスIS350C(FR/6AT)
    ……669万3500円

    レクサスISのオープンモデルに追加された3.5リッターモデル「IS350C」。パワーアップしたことで走りや乗り心地はさらに快適に……と思った筆者だったが。
  • 「レクサスIS250C/IS350C」に“Fスポーツ”誕生 2012.8.23 自動車ニュース トヨタ自動車は、レクサスのオープンモデル「IS250C」「IS350C」にスポーティーバージョン“F SPORT(Fスポーツ)”を設定し、2012年8月23日に発売した。
  • 「キャデラックCTS-V」によりスポーティーな限定車登場NEW 2017.5.25 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月25日、「キャデラックCTS-V」に特別仕様車「カーボンブラックパッケージ」を設定し、同年6月4日に4台の台数限定で発売すると発表した。価格は1490万円。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場から 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
ホームへ戻る