第393回:2009年ルマン24時間耐久取材で考える
 レースっていったいなんなんだろう?

2009.07.27 エッセイ

第393回:2009年ルマン24時間耐久取材で考える レースっていったいなんなんだろう?

レースのゲーム性はテレビ観戦で十分わかる?

ちょっと前の話になるが、久々にルマン24時間耐久レースを生でじっくり観た。日本からLMP2クラスで出た「NAVI TEAM GOH」の追っかけ記者としてであり、詳しくは雑誌『NAVI』を読んでほしいが、ここに個人的感想を付け加えようと思う。
それは俺の得意なプリミティブネタ(笑)、「レースとはなんぞや?」という話だ。

正直、最近俺はレースを生で見たいとほとんど思わない。というか、バトルが激しい二輪のMotoGPぐらいは見に行こうかと思うけど、F1やGTにほとんど興味がない。もちろんF1を観ると感激はするし、中嶋悟が出ていた90年代には、何度か自腹で鈴鹿まで行ったこともある。
でもそのたびに、うすうす「なんでこんなの来るのに何万円も払うんだろ」「テレビで十分じゃん」と思っていたのも事実。レースの詳しい途中経過、すべてのバトル、クラッシュシーンはテレビで観なければわからないし、現場で観られるのはほんの数コーナー、数ストレートの出来事だけ。モニターとの距離にもよるが、リプレイも見られない。よって今じゃ、F1はほとんどテレビ観戦になった。現場には仕事で行くか、ルマンやドイツのニュルブルクリンク24時間レースなどに足を運ぶぐらいだ。

比べるとサッカーは、いまだにヨーロッパの試合はもちろん、国内でも生でタマにみるし、アメリカに行けば現場のメジャーリーグの試合をなるべく観る。すごいレース好きでもないといえばそれまでだが、現場で観るならサッカーや野球のほうがいい。ほかにはテニスのウィンブルドン、ゴルフの全英オープンはぜひ一度観てみたいし、ワールドカップスキー、特にダウンヒルは本場のオーストリアのキッツビューエルやスイスのヴェンゲンで生で観てみたい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』