「日産キューブ」燃費向上 新色の追加も

2012.10.30 自動車ニュース

「日産キューブ」燃費向上 新色の追加も

日産自動車は「キューブ」の仕様を変更し、2012年10月30日に発売した。

今回、「日産キューブ」のパワートレインに変更が施された。1.5リッター直4エンジンには、アイドリングストップ機構やデュアルインジェクター、排気側の可変バルブタイミング機構が追加され、トランスミッションは副変速機付きのエクストロニックCVTに。
その結果、FF車の燃費値(JC08モード)は19.0km/リッターに向上した。

ボディーカラーに新色の「ライトジンジャー」と「ラグーンブルー」が設定されたのもニュース。インテリアについても、シート地に新色「ヴィンテージキャメル」のスエード調クロスが追加設定された。

価格は、「15X」(FF車)の153万3000円から「15G」(FF車)の193万2000円まで。

(webCG)

「日産キューブ 15X Vセレクション」
「日産キューブ 15X Vセレクション」 拡大
こちらは、新色「ラグーンブルー」のモデル。
こちらは、新色「ラグーンブルー」のモデル。 拡大
新色「ヴィンテージキャメル」のシート地からなるインテリア。
新色「ヴィンテージキャメル」のシート地からなるインテリア。 拡大

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 「三菱i-MiEV」が軽自動車から登録車へと区分変更 2018.4.19 自動車ニュース 三菱自動車は2018年4月19日、電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」に一部改良を実施し、販売を開始した。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る