【スペック】全長×全幅×全高=4876×1983×1684mm/ホイールベース=2933mm/車重=2380kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(555ps/6000rpm、69.3kgm/1500-5650rpm)(欧州仕様車)

BMW X6 M(4WD/6AT)【海外試乗記】

誕生した、新時代の「M」 2009.07.27 試乗記 BMW X6 M(4WD/6AT)

ハイパフォーマンスなSUV「BMW X6 M」が登場。主戦場となるアメリカで、サーキットをメインにその性能をテストした。リポーターは、今までにないキャラクターを感じたというが……。

走りのSUV

「SAV」(Sports Activity Vehicle)に、「SAC」(Sports Activity Coupe)と、相変わらず孤高のコンセプト(?)を展開し続けるBMW。が、傍から見れば「それってやっぱりSUVでしょ!?」とそんな突っ込みを入れられてしまいそうな「X5」「X6」の両モデルに、ついに「M」バッジバージョンが追加された。

走りに特化させたSUVというアイデアが、なにも「ポルシェ・カイエン」のデビューに刺激をされて生まれたものではないことは、歴史が物語る。2000年3月に、一部ジャーナリストを対象に披露されたのが「X5 Le Mans」。X5のエンジンルームに、「マクラーレンF1」用に開発されたという12気筒エンジン(!)を押し込んだこのモデルは、実に約740psを発生するというモンスターSUV。もっとも、そんなこのモデルは当初から市販計画を持たない研究実験車だった。

Mバッジ付きSUVモデルの登場が真実味を帯びたのは、2008年に「およそ500psを発生するツインターボ付きエンジン搭載」と紹介された、「X6 Mプロト」の存在が明らかになってからだった。
プロトタイプとはいっても、こちらは逆に当初から市販化を意識した内容の持ち主。「2基のターボにはツインスクロールタイプを採用」と当初から囁かれたそんなフレーズには、これまでのMモデルが例外なく搭載してきた、高回転・高出力型という特性の心臓とは、明らかに異なるキャラクターが予想された。

 
BMW X6 M(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像
 
BMW X6 M(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像
 
BMW X6 M(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X6 Mの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る