第10戦ハンガリーGP決勝結果【F1 09 速報】

2009.07.26 自動車ニュース

【F1 09 速報】第10戦ハンガリーGP、ハミルトン今季初優勝!

F1世界選手権第10戦ハンガリーGP決勝が、2009年7月26日、ブダペスト近郊のハンガロリンク・サーキット(4.381km)を70周して行われた。

マシンの戦闘力不足から未勝利のままシーズン半ばまできていた2008年チャンピオン、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが今年初優勝、自身通算10勝目を飾った。今シーズン初の表彰台がその頂点ということになる。
2位にはフェラーリのキミ・ライコネンが入り、昨シーズンまで覇権を争った“旧2強”が息を吹き返した。

いっぽうの“新2強”、ブラウンとレッドブルは苦戦。3位に前戦ドイツGPのウィナー、レッドブルのマーク・ウェバーが入ったものの、セバスチャン・ベッテルはメカニカルトラブルでリタイア、ブラウン勢はポイントリーダーのジェンソン・バトン7位、ルーベンス・バリケロ10位と下位に沈んだ。

ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグは表彰台に届かず4位、マクラーレンのもう1台、ヘイキ・コバライネンは5位、トヨタのティモ・グロックは予選13位から6位、バトン7位、そしてトヨタのヤルノ・トゥルーリが8位に入り最後の1点を獲得した。

以下、9位中嶋一貴(ウィリアムズ)、10位バリケロ(ブラウン・メルセデス)、11位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、12位ネルソン・ピケJr.(ルノー)、13位ロバート・クビサ(BMW)、14位ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)、15位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、16位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)が完走した。

2009年前半を席巻したブラウンの失速が続くシーズン中盤、バトンのポイントは70点となり、今回チームメイトを抜いてランキング2位に躍り出たウェバーは18.5点差の51.5点に迫っている。手痛いノーポイントをきっしたベッテルは3位で47点のまま、同じく無得点のバリケロは4位44点である。
コンストラクターズタイトル争いは、首位ブラウンの114点に対し、2位レッドブルは98.5点、こちらも15.5点差にまで接近した。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。