「A5スポーツバック」の全貌が明らかに

2009.07.24 自動車ニュース
アウディA5スポーツバック
「A5スポーツバック」の全貌が明らかに

「A5スポーツバック」の全貌が明らかに

独アウディは、2009年9月に発売を予定している新型「アウディA5スポーツバック」の全貌を明らかにした。

■ベースは「A4」セダン

クーペのA5、A5カブリオレに続くA5ファミリー3番目のモデル「A5スポーツバック」の写真が公開された。

“クーペ風5ドアハッチ”のスリーサイズは、4710×1850×1390mm。車名に「A5」の名を冠するが、クーペ(A5)ではなくセダン(A4)のフロアをベースに設計されている模様で、ホイールベースはセダンと同じ2810mm(クーペは2750mm)である。

既報のとおり、ルーフ高はセダンより36mm低く設定されるが、後席にも大人がゆったり乗車できるスペースが確保されている。荷室の広さはA4アバント並みの480リッター、後席を格納すればその広さは980リッターに拡大する。

エンジンは、ガソリンが2基、ディーゼルが3基の計5タイプが用意される。これらはすべて直噴式で、欧州のユーロ5をパスする排出ガス性能を実現するという。

ガソリンモデルのスペックは、「2.0TFSI」が211psと35.7kgm、「3.2FSI」は265psと33.7kgm。この2モデルに搭載されるエンジンは、すでに日本にも導入されているA4のものと共通で、低負荷域と高負荷域でカムプロファイルが変化するAVS(アウディバルブリフトシステム)を採用する。組み合わされるトランスミッションは、7段Sトロニック。日本に導入されるのは、おそらくこの2モデルとなるだろう。なお、2010年に価格を抑えたエントリーグレードが追加予定となっているので、そちらにも期待したい。

ドイツでの価格は、2.0TDI(6段MT)の3万6050ユーロ(約483万円)から。日本導入が期待できる「2.0TFSI」は、4万2150ユーロ(約565万円)、「3.2FSIクワトロ」は、4万7000ユーロ(約630万円)となっている。

(webCG 曽宮)

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る