【スペック】全長×全幅×全高=4460×1745×1490mm/ホイールベース=2700mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=220万円(テスト車=276万700円)

トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【試乗記】

長く乗るべきクルマ 2009.07.24 試乗記 トヨタ・プリウスS(FF/CVT)
……276万700円

旧型「プリウス」のユーザーは、すぐにでも新型に乗り替えるべきか? 両者を見比べながら、エコカーの買い替え時(手放し時?)を考えてみた。

言い訳はいらない

「ハイブリッドだから、という言い訳をいっさいさせないクルマにしたかった」。新型「プリウス」の開発テーマはなんだったのか、エンジニアのひとりに聞いたら、そんな答えが返ってきた。動力性能でも、操縦性でも、居住性でも、快適性でも、エコカーなんだから仕方ないよね、というエクスキューズを与えないクルマにする。結論を先に言うと、3代目のプリウスはたしかにそのとおりのクルマである。

振り返れば、初代モデルはパワーが十分とはいえなかった。そのため、ガンガン飛ばすヨーロッパでは、まったくウケなかった。減速時の回生ブレーキの食いつきもややきつかった。2代目でパワー不足は解消されたが、“走るハイブリッド”を強調するあまり、モデルチェンジ直後のクルマは足まわりにちょっと突っ張ったような硬さがあった。

だが、6年ぶりにフルチェンジした新型プリウスで、欠点を指摘するのはむずかしい。しいて挙げれば、ダッシュボード中央に追いやられたエネルギーモニター類のディスプレイが小さすぎることくらいだろうか。しかしそれも、特殊なパワーユニットであることをもはや乗り手に意識させないというニュープリウスの“方針”なのかもしれない。

アーチ型のセンターコンソールがドライバーを取り囲む。コクピットの雰囲気はまるでスポーツカー。
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】
ステアリングから手を下ろしたあたりにシフトレバーが位置するため、操作しやすい。
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】
【試乗車のオプション装備】 フロントアンダーカバー+リアバンパースポイラー=1万5750円/ソーラーパネル付きムーンルーフ+ソーラーベンチレーションシステム&リモートエアコンシステム+スマートエントリー+イルミネーテッドエントリーシステム=22万5750円/タッチトレーサーディスプレイ+インテリジェントパーキングアシスト+HDDナビゲーションシステム=30万8700円/ETCユニット=1万500円
トヨタ・プリウスS(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る