一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売

2009.07.23 自動車ニュース

一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に、新グレード「WRX STI spec C(スペックC)」を追加設定し、2009年7月23日に発売した。

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」のベースは、308psの2リッターエンジンと6段MTを組み合わせるハイパフォーマンスモデル「WRX STI」。「スペックC」は、モータースポーツのホモロゲーション取得車両となることを念頭に、各所に専用チューニングと軽量化を盛り込み、そのキャラクターをさらに走りに振ったモデルである。

まずエンジンは、素のWRX STIに比べスペックこそ変わらぬものの、ターボのタービン部分にボールベアリングを、ECUに専用品を奢るなどして、レスポンスのよさを追求。インタークーラーには容量約4リッターのウォータースプレーを与え、熱的に過酷な条件下でもパフォーマンスが落ちないよう配慮した。

足まわりも、競技ユースを視野に入れた専用のサスペンションを設定。スプリングレートを前15%、後30%上げ、減衰力についても特別なセッティングを実施。路面の追従性がアップしたという。
ベースモデルより2kg軽いガンメタリックの18インチ鋳造アルミホイールや、金色に塗られたブレンボ製のブレーキキャリパーも、スペックCならではの装備だ。

もうひとつのポイントは軽量化で、前述の専用アルミホイールに加え、アルミ製ボンネットや小型軽量バッテリー、薄型のフロントガラスやサイドガラスを採用した。さらに、スペアタイヤをパンク修理キットに置き換え、後席のカップホルダーやアームレストを省き、フロアマットを肉薄にするなどの徹底ぶりで、約70kgのダイエットに成功したという。

かような「WRX STI spec C」の価格は、ロードユース主体の18インチタイヤ仕様で(ベースモデルのWRX STIと据え置きの)368万5500円。1000台が生産され、うち100台はグループNのベース車として世界のレーシングチームに供給、残り900台が限定で販売される。
競技での使用が前提となる17インチタイヤ仕様も、台数、受注期間限定なしでラインナップ。こちらはより安い337万500円となっている。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
軸受けにボールベアリングを採用したスペックC用ターボ。ターボラグを極限まで減らして、エンジンレスポンスを高めた。
軸受けにボールベアリングを採用したスペックC用ターボ。ターボラグを極限まで減らして、エンジンレスポンスを高めた。
こちらは専用のサスペンション。ほかに足回りではフロントクロスメンバーの補強、リアブッシュのハード化、リアスタビライザーの直径アップなどが実施された。
こちらは専用のサスペンション。ほかに足回りではフロントクロスメンバーの補強、リアブッシュのハード化、リアスタビライザーの直径アップなどが実施された。

一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売の画像

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • スバル・インプレッサスポーツ ハイブリッド2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.27 試乗記 スバルにとって2番目のハイブリッドモデルとなる「インプレッサスポーツ ハイブリッド」が登場。CVTのプライマリープーリーにモーターを組み合わせるというスバル独自のパワーユニットと、専用チューニングのサスペンションが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る