一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売

2009.07.23 自動車ニュース

一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に、新グレード「WRX STI spec C(スペックC)」を追加設定し、2009年7月23日に発売した。

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」のベースは、308psの2リッターエンジンと6段MTを組み合わせるハイパフォーマンスモデル「WRX STI」。「スペックC」は、モータースポーツのホモロゲーション取得車両となることを念頭に、各所に専用チューニングと軽量化を盛り込み、そのキャラクターをさらに走りに振ったモデルである。

まずエンジンは、素のWRX STIに比べスペックこそ変わらぬものの、ターボのタービン部分にボールベアリングを、ECUに専用品を奢るなどして、レスポンスのよさを追求。インタークーラーには容量約4リッターのウォータースプレーを与え、熱的に過酷な条件下でもパフォーマンスが落ちないよう配慮した。

足まわりも、競技ユースを視野に入れた専用のサスペンションを設定。スプリングレートを前15%、後30%上げ、減衰力についても特別なセッティングを実施。路面の追従性がアップしたという。
ベースモデルより2kg軽いガンメタリックの18インチ鋳造アルミホイールや、金色に塗られたブレンボ製のブレーキキャリパーも、スペックCならではの装備だ。

もうひとつのポイントは軽量化で、前述の専用アルミホイールに加え、アルミ製ボンネットや小型軽量バッテリー、薄型のフロントガラスやサイドガラスを採用した。さらに、スペアタイヤをパンク修理キットに置き換え、後席のカップホルダーやアームレストを省き、フロアマットを肉薄にするなどの徹底ぶりで、約70kgのダイエットに成功したという。

かような「WRX STI spec C」の価格は、ロードユース主体の18インチタイヤ仕様で(ベースモデルのWRX STIと据え置きの)368万5500円。1000台が生産され、うち100台はグループNのベース車として世界のレーシングチームに供給、残り900台が限定で販売される。
競技での使用が前提となる17インチタイヤ仕様も、台数、受注期間限定なしでラインナップ。こちらはより安い337万500円となっている。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
軸受けにボールベアリングを採用したスペックC用ターボ。ターボラグを極限まで減らして、エンジンレスポンスを高めた。
軸受けにボールベアリングを採用したスペックC用ターボ。ターボラグを極限まで減らして、エンジンレスポンスを高めた。
こちらは専用のサスペンション。ほかに足回りではフロントクロスメンバーの補強、リアブッシュのハード化、リアスタビライザーの直径アップなどが実施された。
こちらは専用のサスペンション。ほかに足回りではフロントクロスメンバーの補強、リアブッシュのハード化、リアスタビライザーの直径アップなどが実施された。

一番硬派なインプレッサ、「WRX STI spec C」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る