【スペック】 全長×全幅×全高=3715×1685×1415mm/ホイールベース=2465mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(175ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=358万円(テスト車=395万1000円)

MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】

MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT) 2009.07.23 試乗記 ……395万1000円
総合評価……★★★★★

ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。

デキる遊び人

さすがは「MINI」、ただルーフを切っただけのクルマじゃなかった。ハッチバックに2年遅れてモデルチェンジした「MINIコンバーチブル」は、オープンカーに求められる遊び心を全身にちりばめていた。
なにしろソフトトップの色名がデニムブルーである。ざらっとした青い生地には、ちゃんとオレンジのステッチが織り込まれている。取材車のボディカラーは白だったから、自動車版「Tシャツにブルージーンズ」だ。僕が記憶する限り、幌をデニム風に仕立てた自動車はこれが初めてである。

そのトップを開けて走り出すと、目の前の小さなメーターの針が少しずつ動いていく。「オールウェイズ・オープン・タイマー」と呼ばれるこのオプション、オープンでの走行時間を刻んでいくのだという。屋根を閉じれば、その瞬間にカウントを止める。針の動きを追いたくて、ついつい開けて走ってしまう。
ボディの補強は完璧だし、ルーフの開閉は約15秒と迅速だ。マジメなテーマに対しても模範的な回答を出している。そのうえでMINIコンバーチブルは、徹底的にハジけている。デキる遊び人みたいなクルマだ。
100年前は自動車の基本形だったオープンカーだけど、いまや完全なファンカーである。MINIコンバーチブルは、そんな立ち位置をウィットに富んだセンスで絶妙に表現している。多くのスポーツの発祥の地であり、ファッションや音楽の流行発信地でもある英国は、オープンカー作りもやはり一流である。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • 3代目となる新型MINIコンバーチブルが登場 2016.3.2 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIコンバーチブル」を日本に導入。販売を開始した。ルーフはこれまでのモデルと同じく電動ソフトトップで、約18秒で開閉が可能。車速が30km/h以下であれば、走行中でも操作することができる。価格は342万~483万円。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る