【スペック】全長×全幅×全高=4435×1930×1252mm/ホイールベース=2650mm/車重=1690kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)/価格=1994.0万円(テスト車=2236.0万円/カーボンデコラティブパネル=32.0万円/アウディマグネティックライド=27.0万円/ステッチング+レザーパッケージ2=87.0万円/アルカンタラヘッドライニング=21.0万円/カーボンシグマサイドブレード=29.0万円/カーボンエンジンカバー=46.0万円)

アウディR8 5.2 FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗速報】

良家のアニキはつらいよ 2009.07.17 試乗記 アウディR8 5.2 FSI クワトロ(4WD/6AT)
……2236.0万円

アウディのスーパースポーツ「R8」に、V10エンジンを搭載する最強グレードが登場。サーキットの全開走行でわかった、その素性とは?

香りからして美味しそう

国内屈指の高速コーナーである、富士スピードウェイの100Rを下ってターンに入る。アクセルをじわり戻すと、クルマは慣性でサーッと向きを変えた。コーナリング中にスピードメーターを見る習慣はないが、明らかに高い車速で景色は流れ、そのなかをまるでリア駆動の軽量スポーツカーをコントロールしているかのような感覚のままヘアピンへと駆け上がってゆく。

「なんてあけすけなクルマなんだ!」

これが「アウディR8 5.2 FSI クワトロ」の第一印象。このクルマが2000万円くらいするという事実さえ忘れることができれば、その走りはさらにファン・トゥ・ドライブを高めてくれそうだ。
まずは社交辞令……なんていうまどろっこしいプロセスは不要。ひっさびさに本音で語れるスポーツカーだな、とウォーミングアップランですっかりホットにしてくれたR8に、少し感心した。

さて、R8 5.2 FSI クワトロのトピックスは、なんといってもそのV10エンジンにある。最高出力525psを、8700rpmという高回転で発生。さらにその心臓を低く搭載するために、そして高G領域でもオイルをとぎれさせないように採用したドライサンプの潤滑方式。そんなレーシングカーのごとき組み合わせが、V8モデルで好評を博したシャシーで実現したら、一体どれほどの走りになるのか!?……しかも、重量配分は44:56と、フルタイム4WDのクワトロシステムを採用しながら、理想的なミドシップの数値。期待は高まるばかりなのだ。

外観上、より外側に膨らんだボディサイドのエアインテークや楕円型のマフラーエンド、格子型のフロントグリルなどがV8モデルと異なる。
外観上、より外側に膨らんだボディサイドのエアインテークや楕円型のマフラーエンド、格子型のフロントグリルなどがV8モデルと異なる。
「R8 5.2 FSI クワトロ」のミドに積まれるのは、「アウディ史上最強にして最速」と謳われる、V10エンジン。V8モデルより105ps増しの525psを発生する。
「R8 5.2 FSI クワトロ」のミドに積まれるのは、「アウディ史上最強にして最速」と謳われる、V10エンジン。V8モデルより105ps増しの525psを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る