ピレリの新しいスタッドレス「ウィンター・アイスコントロール」発表

2009.07.16 自動車ニュース

ピレリの新しいスタッドレス「ウィンター・アイスコントロール」発表

ピレリの新しいスタッドレス「ウィンター・アイスコントロール」発表

ピレリジャパンは2009年7月16日、スタッドレスタイヤの新商品「ウィンター・アイスコントロール」を発表した。2009年7月より販売を開始する。

ラリードライバーの新井敏弘さんも発表会場に招かれた。普段からピレリタイヤを愛用する氏は、「ピレリのタイヤはリニアに動く」と評し、新発売のウィンター・アイスコントロールについては、「まだ試していませんが、ブロックが大きいので偏摩耗しなさそうですね」とコメントした。
ピレリの新しいスタッドレス「ウィンター・アイスコントロール」発表

日本市場向けに開発されたという「ウィンター・アイスコントロール」は、氷雪性能に加え、ドライ路面での性能を高めたところがアピールポイント。さらに、対摩耗性や静粛性、転がり抵抗の低減にも配慮された、トータルバランスに優れたタイヤと謳われる。

全く新しいという、シリカ配合のコンパウンドを採用。低い温度でのタイヤ性能確保と、乗り心地の良さを両立したという。
トレッドパターンも新デザインが採り入れられ、氷雪上のトラクション、ブレーキ性能の向上が図られた。中央に配されるリブは、とぎれ目のない剛性の高いものを採用。ドライ路面でのハンドリング性能向上に寄与するという。個々のブロックには、従来よりも細い「スレンダーサイプ」が刻まれる。結果、ブロックのよれが減少して剛性がアップし、設置面積も拡大。氷上だけでなく、ウェットやドライでのグリップが向上するのだという。さらに、タイヤショルダー部分をスクエア形状にすることで、より接地面を広げる工夫も見られる。

発売サイズは、14から16インチの全8サイズ。比較的小さめのラインナップとなっているが、来年にはサイズ追加があるとのこと。なお、従来より販売されているスタッドレスタイヤ「アイスストーム3(キューブ)」も継続販売される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。