BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場

2009.07.16 自動車ニュース

BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場

BMWジャパンは2009年7月16日、7シリーズのラインナップに、6リッターV12搭載の最上級モデル「760Li」を追加し、発売した。

2009年3月に日本に導入された7シリーズに、最上級モデルの「760Li」が加わった。760Liは、シリーズ最高峰のV12ツインターボエンジンや、BMWの量産車で初採用となる「8段AT」を搭載するなど、最上級であることを誇示するフラッグシップセダンに仕立てられた。なおボディは、ロングホイールベース仕様のみとなる。

3月に登場したV8ツインターボ搭載の「750i/750Li」が、その時点で先代「760Li」に匹敵する407psの最高出力を実現したこともあり、新しい760Liには、それをさらに凌駕するパワーが与えられた。

先代譲りの6リッターV12エンジンは、新たにターボチャージャーによる過給がなされ、最高出力544ps/5250rpm(従来比+99ps)、最大トルク76.5kgm/1500rpm(同+15.5kgm)という怪力を獲得。

いっぽう気になる燃費は、わずかながら向上している。これにはギアの枚数が一気に2枚増えた8段ATや、「インテリジェント軽量ボディ」「ブレーキエネルギー回生システム」といった低燃費化に貢献する技術が効いているのだろう。

装備は、インテグレイテッド アクティブステアリングやダイナミック ドライビング コントロール、ダイナミック ダンピング コントロールといった運転をスポーティに仕立てる装備から、エクスクルーシブ ナッパレザーインテリア、前席だけでなく後席にも採用されたシートヒーティング/ベンチレーションシート、リアエンターテイメントシステムといった豪華装備まで、盛りだくさん。

価格は、750Liの590.0万円高、1920.0万円。納車は、2009年11月以降に開始される。

(webCG 曽宮)

BMW760Li(欧州仕様)
BMW760Li(欧州仕様)
外装では、幅広のキドニーグリル、サイドターンインジケーター内蔵のクロムメッキ仕上げV12エンブレムなどが760Liの専用装備となる。
外装では、幅広のキドニーグリル、サイドターンインジケーター内蔵のクロムメッキ仕上げV12エンブレムなどが760Liの専用装備となる。
10.2インチワイドコントロールディスプレイやBMWナイトビジョンが標準で装備される。
10.2インチワイドコントロールディスプレイやBMWナイトビジョンが標準で装備される。

BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場の画像

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.12.25 試乗記 30年を超える歴史を持つハイパフォーマンスセダン「BMW M5」が、6代目にモデルチェンジ。600psのV8ツインターボエンジンに、新採用の8段AT、そしてモデル史上初の4WDシステムと、話題満載の新型の実力を試した。
ホームへ戻る