BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場

2009.07.16 自動車ニュース

BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場

BMWジャパンは2009年7月16日、7シリーズのラインナップに、6リッターV12搭載の最上級モデル「760Li」を追加し、発売した。

2009年3月に日本に導入された7シリーズに、最上級モデルの「760Li」が加わった。760Liは、シリーズ最高峰のV12ツインターボエンジンや、BMWの量産車で初採用となる「8段AT」を搭載するなど、最上級であることを誇示するフラッグシップセダンに仕立てられた。なおボディは、ロングホイールベース仕様のみとなる。

3月に登場したV8ツインターボ搭載の「750i/750Li」が、その時点で先代「760Li」に匹敵する407psの最高出力を実現したこともあり、新しい760Liには、それをさらに凌駕するパワーが与えられた。

先代譲りの6リッターV12エンジンは、新たにターボチャージャーによる過給がなされ、最高出力544ps/5250rpm(従来比+99ps)、最大トルク76.5kgm/1500rpm(同+15.5kgm)という怪力を獲得。

いっぽう気になる燃費は、わずかながら向上している。これにはギアの枚数が一気に2枚増えた8段ATや、「インテリジェント軽量ボディ」「ブレーキエネルギー回生システム」といった低燃費化に貢献する技術が効いているのだろう。

装備は、インテグレイテッド アクティブステアリングやダイナミック ドライビング コントロール、ダイナミック ダンピング コントロールといった運転をスポーティに仕立てる装備から、エクスクルーシブ ナッパレザーインテリア、前席だけでなく後席にも採用されたシートヒーティング/ベンチレーションシート、リアエンターテイメントシステムといった豪華装備まで、盛りだくさん。

価格は、750Liの590.0万円高、1920.0万円。納車は、2009年11月以降に開始される。

(webCG 曽宮)

BMW760Li(欧州仕様)
BMW760Li(欧州仕様)
外装では、幅広のキドニーグリル、サイドターンインジケーター内蔵のクロムメッキ仕上げV12エンブレムなどが760Liの専用装備となる。
外装では、幅広のキドニーグリル、サイドターンインジケーター内蔵のクロムメッキ仕上げV12エンブレムなどが760Liの専用装備となる。
10.2インチワイドコントロールディスプレイやBMWナイトビジョンが標準で装備される。
10.2インチワイドコントロールディスプレイやBMWナイトビジョンが標準で装備される。

BMW7シリーズに544psの最上級「760Li」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る