第392回:「フィアット500×Barbie」in 青山フィアットカフェ
コージ式プチ暴論、今こそ「ストップ The カワイイ」!?

2009.07.15 エッセイ

第392回:「フィアット500×Barbie」in 青山フィアットカフェコージ式プチ暴論、今こそ「ストップ The カワイイ」!?

これは言葉の暴力だ!?

ハッキリ言って暴論ですけど、俺は昔から“カワイイ”って言葉がキライだ、というか正確には言葉そのものではなく、最近の異様な使われ方と、ポジショニングを苦手としてきた。
「この服カワイイよね〜」から始まり「その髪型カワイイじゃん」「このピン留めカワイくない?」「ア○ロちゃんカワイイ」「このネイルカワイイ」「あのネコカワイイ〜」とバカの1つ覚えのような大合唱。もちろん適切な使われ方もあるけれど、とりあえずいいと思ったモノには“カワイイ”と付けときゃ間違いないみたいな偏重ぶりが時折、特定のエリアで見られる。これって、いわば言葉の暴力(?)な気がするんだよね。

それは渋谷109みたいな、若い女のルツボは当然ながら、男同士でもファッション業界、ファッション誌の撮影に行くと結構そうなる。そのたびに、うへ〜、ダサくも男臭い自動車ギョーカイでつくづくよかった……と思ってきたけど、最近ではちと事情が変わってきてる。
そう、女性モータージャーナリストの台頭だ。それはある種の時代的変化であり、彼女たちの資質向上も大きいのだが、同時に世の中の体質変化も大きいと私は受け止めている。

それは世間が“批判を受け付けなくなってきている”ということだ。俺は昔から「清濁併せ呑む」と言う言葉が好きだし、まさに生きること、文章を書くこととはそういうことと思っていたが、最近は不況もあって清濁の“清”が強調され、“濁”が消えつつある。ようするに建前中心の社会になりつつある。

自動車ジャーナリズムも同様で、単純に言いたいことがますます言えない世界になりつつある。
そもそも自動車を作るメーカーあってのこの世界。スポンサーが引き締めればあっという間に、自由はなくなる。結果、新車インプレッションは全体のトーン、情報量ともに誰が書いても大差なくなってきている。大差なくなるは言い過ぎとしても、同程度の“毒”ならば美しい人、あるいは人あたりのいい人が書いた方がいいということになってるのだ。よって女性ジャーナリストが重用される。必ずしもそうでない場合もあるが、当たらずとも遠からずだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』