メルセデス・ベンツ「SLK」に、白と黒の限定車が登場

2009.07.15 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「SLK」に、白と黒の限定車が登場

メルセデス・ベンツ日本は、オープン2シーター「SLKクラス」に特別仕様車を設定。40台限定で2009年7月15日に発売した。

今回の特別仕様車「SLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」は、「SLK200 コンプレッサー」をベースに、主に内装を専用仕立てとしたもの。

白黒ツートーンのdesigno(デジーノ)ナッパレザーであつらえたシート、コントラストカラーのクロスステッチ、ミスティックホワイトトリムなどで、コントラストの強いインテリアを演出。対するエクステリアも白黒2種類のボディカラー(designoミスティックホワイトII、オブティシアンブラック)を用意した。18インチのアルミホイールや、AMGスタイリングパッケージも装備される。

スポーツサスペンションやコーナリングライト、乗員の首周りに温風を吹き付ける「エアスカーフ」なども特別に装備。さらに、iPodなどのポータブルミュージックプレイヤーを車両のシステムで操作できるメディアインターフェースも付与した。

価格は、570.0万円のベースモデルより15%ほどアップして、白いボディカラー(designoミスティックホワイトII)のモデルが659.0万円、黒(オブティシアンブラック)が639.0万円。それぞれ20台ずつの限定販売となっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」
「メルセデス・ベンツSLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る