メルセデス・ベンツ「SLK」に、白と黒の限定車が登場

2009.07.15 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「SLK」に、白と黒の限定車が登場

メルセデス・ベンツ日本は、オープン2シーター「SLKクラス」に特別仕様車を設定。40台限定で2009年7月15日に発売した。

今回の特別仕様車「SLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」は、「SLK200 コンプレッサー」をベースに、主に内装を専用仕立てとしたもの。

白黒ツートーンのdesigno(デジーノ)ナッパレザーであつらえたシート、コントラストカラーのクロスステッチ、ミスティックホワイトトリムなどで、コントラストの強いインテリアを演出。対するエクステリアも白黒2種類のボディカラー(designoミスティックホワイトII、オブティシアンブラック)を用意した。18インチのアルミホイールや、AMGスタイリングパッケージも装備される。

スポーツサスペンションやコーナリングライト、乗員の首周りに温風を吹き付ける「エアスカーフ」なども特別に装備。さらに、iPodなどのポータブルミュージックプレイヤーを車両のシステムで操作できるメディアインターフェースも付与した。

価格は、570.0万円のベースモデルより15%ほどアップして、白いボディカラー(designoミスティックホワイトII)のモデルが659.0万円、黒(オブティシアンブラック)が639.0万円。それぞれ20台ずつの限定販売となっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」
「メルセデス・ベンツSLK200 コンプレッサー 2LOOK Edition」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
ホームへ戻る