ジープ・チェロキーに売れ筋グレード「スポーツ」登場

2009.07.15 自動車ニュース

ジープ・チェロキーに売れ筋グレード「スポーツ」登場

クライスラー日本は、「ジープ・チェロキー」のラインナップに、エントリーグレード「スポーツ」を追加し、2009年7月18日に発売する。

■性能は上級グレードと変わらず

新たにラインナップに追加された「スポーツ」は、歴代モデルで高い人気を保ってきたチェロキーの定番・売れ筋グレードだ。このスポーツが追加されたことでチェロキーのラインナップは、2009年4月に発売された上級モデルの「リミテッド」とあわせ、2モデル構成となった。

「スポーツ」と「リミテッド」の主な違いは、リミテッドは内装が本革仕様となり、ナビゲーションが標準装備されるのに対し、スポーツはシートがファブリック仕様で、ナビがオプションとなる点(スポーツにはDVDプレーヤーが標準装備される)など。

外観は、リミテッドがクロームグリルやクロームのアクセント付きバンパーが装着され、スポーツにはボディ同色のグリルやバンパーが装備される。

ほかにもパワーシートやシートヒーター(リミテッドのみに装備)、タイヤサイズ(スポーツは16インチ、リミテッドは18インチ)などが異なるが、3.7リッターエンジンや4段オートマチックのトランスミッションなど、パワートレインは共通。

また、4×4オートモードや4×4ローモード、2WDモードが選べるセレクトラックII 4×4システムやサスペンションも共通のため、ジープならではの高い走破性は「スポーツ」でも十分に味わうことができる。

価格は、スポーツが354万9000円、リミテッドは444万1500円。

(webCG 曽宮)

チェロキースポーツ
チェロキースポーツ
ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタルとストーンホワイトの2色が設定される。
ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタルとストーンホワイトの2色が設定される。
オートエアコン、サイドビューカメラ、ヒルスタートアシスト、キーレスエントリーなどが標準装備される。
オートエアコン、サイドビューカメラ、ヒルスタートアシスト、キーレスエントリーなどが標準装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る