クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】2.0RST:全長×全幅×全高=4570×1695×1545mm/ホイールベース=2740mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=233万円(テスト車=277万1000円/Honda HDDインターナビシステム=25万2000円/コンフォートビューパッケージ=3万1500円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円/VSA=7万3500円)

ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)【試乗速報】

3列か? 2列か? 2009.07.13 試乗記 ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)
……211万4000円/277万1000円

「ホンダ・ストリーム」が新しくなった。軽量、スポーティを謳う、ミニバンの飛び道具「2列シート仕様」の出来ばえは?

フルチェンVSマイチェン

5ナンバーサイズの低ルーフミニバンとして、「トヨタ・ウィッシュ」と人気を二分するのが、この「ホンダ・ストリーム」だ。トヨタVSホンダのハイブリッド戦争が勃発する以前から、因縁のライバル関係にあるこの2台、2009年4月、ウィッシュが2代目にフルモデルチェンジすると、2カ月後にはストリームがマイナーチェンジし、両車のバトルは新たなステージを迎えた。

ストリームの“十八番”を奪わんとばかりに、スポーティさをアピールする新型ウィッシュに対して、ストリームがどう反撃するのか、なかなか興味深いが、なにしろストリームはマイナーチェンジだから、そう大胆には変われない。

そこで、持ち前の低ルーフフォルムで、FFモデルなら大抵の立体駐車場に入庫可能という強みはそのままに、ミニバンらしからぬ走行性能に熟成を加えたというのが作戦その1。たしかに、デビュー直後に試乗したときは、スポーティなハンドリングに魅力を感じながらも、「もう少し乗り心地が快適ならなぁ」と残念がった記憶が蘇る。そして、作戦その2は、2列シート仕様の「RST」グレードを新たにラインアップに加えたことだ。果たして、その出来映えは? まずは3列シート仕様の「X」から試してみることにしよう。


ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
「RST」の2リッターエンジン。出力などはマイナーチェンジ前と同様のスペック。
「RST」の2リッターエンジン。出力などはマイナーチェンジ前と同様のスペック。 拡大

洗練された足まわり

さっそく運転席に座ると、相変わらず広々とした視界に気分が良くなる。さしてアイポイントは高くないが、Aピラーを支えるサブピラーがないのとダッシュボードそのものが低い位置にあるのが功を奏しているのだろう。マイナーチェンジなので、インストゥルメントパネルのデザインは基本的に変わらないが、センターコンソールボックスを大型化するなど、細かい部分で使い勝手の向上が図られているのも見逃せない。

ベーシックモデルのXは、1.8リッター専用グレード。最高出力140ps、最大トルク17.7kgmのSOHC16バルブエンジンは5段オートマチックと組み合わされるが、これがなかなか活発で、ナビ付きで1370kgに達するボディを軽快に走らせるのが印象的である。

カンジンの乗り心地は、マイナーチェンジ前に比べて格段に快適になった。205/65R15タイヤを履いた足は、低いスピードからマイルドな乗り心地を示し、それでいて落ち着きある動きを見せる。最初からこうなら、文句なかったのに……。

スポーティな味付けの「RSZ」を試すチャンスもあったが、205/55R17タイヤと専用チューンのサスペンションを採用するだけに、Xよりは硬めのしっかりとした乗り心地。しかし不快さとは無縁で、ファミリーカーとしても十分合格点がつけられる。

X、RSZともに、コーナーを飛ばす機会はなかったが、どちらもミニバンらしからぬスポーティさが感じられて、乗り心地とスポーティさのバランスも絶妙。なにしろ、ミニバンでありながら、軽快感に溢れてるのがいい。

【スペック】1.8X HDDナビパッケージ:全長×全幅×全高=4570×1695×1545mm/ホイールベース=2740mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4SOHC16バルブ(140ps/6300rpm、17.7kgm/4300rpm)/価格=203万円(テスト車=211万4000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円)
【スペック】1.8X HDDナビパッケージ:全長×全幅×全高=4570×1695×1545mm/ホイールベース=2740mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4SOHC16バルブ(140ps/6300rpm、17.7kgm/4300rpm)/価格=203万円(テスト車=211万4000円/Hondaスマートキーシステム=8万4000円)
拡大
「X」グレードは、メーターリングやカップホルダーなどに、青い照明のアクセントが加えられる。
「X」グレードは、メーターリングやカップホルダーなどに、青い照明のアクセントが加えられる。 拡大

ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大

ミニバン発のスポーツワゴン

さすがにこのスタイルだと、サードシートに余裕はないものの、大人を乗せてもそう窮屈ではないし、使わないときにはすっきり畳めて、広い荷室が手にできる。だから、ふだんは2列、たまに3列という使い方には、まさにぴったりのミニバンということが確認できた。

しかし、ストリームを買おうと考える人の中には、端からサードシートには興味がなく、手頃なサイズのステーションワゴンとして見ている人も少なくない。とくにホンダの場合は、2リッタークラスのステーションワゴンがこれしかないので、ストリームを買ったところでサードシートを1度も使わないというユーザーは珍しくないようだ。だったら、そのぶん広く、軽いクルマがほしい……という人のために、追加されたのが2列シート仕様のRSTというわけだ。

テールゲートを開けて中を覗くと、たしかにサードシートは取り外され、代わりに床下収納ボックスとラゲッジフックが付いたフロアが目に飛び込んできた。サードシートを倒したときと奥行きそのものに変わりはないが、奥にいくにしたがい、多少フロアが低くなるRSTのほうが荷室容量は多くなる。また、サードシートを取り除いたぶん、20kg強のダイエットにも成功したという。

荷室以外では、派手なリアスポイラーやリアディフューザー、専用デザインの17インチアルミホイールを装着するなどして、スポーティな印象を強めている。

「RST」のインテリアは、他のグレードと異なり、赤基調でまとめられる。
「RST」のインテリアは、他のグレードと異なり、赤基調でまとめられる。 拡大
3列目のないRSTの荷室は、フラットなスペースが広がり、ステーションワゴン同様の使い勝手。
3列目のないRSTの荷室は、フラットなスペースが広がり、ステーションワゴン同様の使い勝手。 拡大

さらに好バランス

RSTは、1.8と2リッターの2タイプが用意され、1.8リッターには5AT、そして、2リッターにはCVTが組み合わされる。いずれも駆動方式はFFである。今回試乗したのは2リッター版のRSTだ。

インテリアの雰囲気はRSZに似ているが、シートが合皮とメッシュ素材のコンビシートになり、ステッチ類やメーターのイルミネーションなどにレッドのアクセントを与えるなどして、他のグレードとは明らかに異なる雰囲気だ。

走り出すと、RSZにも増して軽快なことに、気をよくした。車両重量が20kg以上軽いから、というよりは、専用のアルミホイールによるところが大きいのかもしれない。4本で5kgほど軽いというだけあって、バネ下の動きが抑えられていて、そのぶん乗り心地にも良い影響を与えているのだろう。

高速に入ると、リアのエアロパーツが効いてくるのか、RSZよりも高い安定性を見せる。ただ、残念なのは静粛性で、RSZともども、試乗車にはヨコハマの低騒音タイヤ「DNA dB」が装着されていたにもかかわらず、ロードノイズが目立っていた。

2リッターエンジンは、1.8リッターよりもひとまわり余裕はあるものの、1.8リッターで十分という印象である。

それはともかく、スポーティなキャラクターにもかかわらず、RSZ以上にバランスのいいRST。買うなら3列シートと思っている私としては少し悔しいが、そんな人のために、RSZには、RSTのエアロパーツやアルミホイールがおごられる「Sパッケージ」が用意されていた。2列シート派、3列シート派のいずれも満足できるのが新しいストリームである。

(文=生方聡/写真=荒川正幸)


ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
RSTのホイールは、17インチの軽量タイプ。ブレーキキャリパーは黒く塗装される。
RSTのホイールは、17インチの軽量タイプ。ブレーキキャリパーは黒く塗装される。 拡大

ホンダ・ストリーム 1.8X HDDナビパッケージ(FF/5AT)/2.0RST(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大