第99回:東京ショーよりタメになる!? 潜入! これがイタリア地元自動車ショーだ

2009.07.11 エッセイ

第99回:東京ショーよりタメになる!? 潜入! これがイタリア地元自動車ショーだ

体育館裏のナゾの集まり

少し前のことである。ボクが住むシエナでクルマを走らせていたら、市民体育館の裏に何やら人が集まっていた。

「体育館の裏」というのは、チョコを渡されるバレンタインデー以外は、悪いやつらの溜まり場と相場が決まっている。あまり近づかないほうがいい場所だ。
実際シエナの体育館裏というのも、日頃はサーカス団の団員小屋が設営してあったり、東欧からの出稼ぎ労働者向けの、里帰り無認可バスの発着所になっていたりと、少々近づきがたいムードが漂っている。

「エコだ、エコだ」というこのご時世。駐車場を使ったフリーマーケットか何かだろう、と思った。ところがよく眺めると、クルマが何台も置いてあるではないか。貼り紙を発見したら、そこには「シエナ自動車フェスタ」の文字が。2輪やカーショップも含め、40数社の協賛企業の名前が並んでいる。それは、地元ディーラーの1日合同展示会だったのだ。
入場無料のうえ「私たちの小さなモーターショー」というサブタイトルに泣かされたボクは、さっそく入ってみることにした。

人気はやはりアバルトだ。会場の一角には、タイヤを積み上げたコースが設営されていて、「アバルト500」の同乗試乗会も行われていた。若者たちが列を作って待っている。
本場イタリアとはいえ、アバルトディーラーはいまだ少ない。シエナのような立派な県庁所在地にも従来のフィアット販売店による取次店しかない。そのため、この小さなモーターショーはファンにとって「生アバルト」を観られる数少ない機会なのであろう。

ランチアは、新型「デルタ」、アルファ・ロメオは「MiTo」をイチオシで並べている。日本車ディーラーもトヨタとマツダが出展していた。
なお、現在発売中の自動車雑誌『NAVI』8月号の「エンスー新聞」のコーナーに掲載されている「改善タトゥーを彫ったセールスマン」は、このとき取材したものである。

「グランデプント・アバルト」を覗き込む若者たち。
「グランデプント・アバルト」を覗き込む若者たち。
「500アバルト」の同乗試乗会も行われていた。
「500アバルト」の同乗試乗会も行われていた。
「シトロエン・サクソ」のチューニング仕様もデモ走行。
「シトロエン・サクソ」のチューニング仕様もデモ走行。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。