第101回:食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ

2009.07.10 エッセイ

第101回:食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ


食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ

クルマが好きで、走るのも好き。でも、サーキットには縁がない――

そんなひと、多いんじゃないでしょうか?

なんだかハードルの高そうなサーキットだけれど、軽〜い気持ちで走ってみたら、意外や意外、そこには楽しい世界が広がっていた!? 『webCG』と『NAVI』のスタッフがリポートします。


食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ
万一のときの飛散防止に、ランプ類をテーピング。特別な準備といっても、その程度。
食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ

いま、この道がイチオシ

関(以下「せ」):目的地に到着〜!……って、ここ、サーキットじゃないですか。
山田(以下「や」):「いいトコに連れて行く」って話でしたよね? 今日のドライブ。
コンドー(以下「コ」):かなりええトコやん。ここからが今日のドライブ、本番やで。

せ:苦手なんですよ、サーキット。スピード出るし、危ないし。
コ:峠じゃ、めっちゃ飛ばそうとするくせに、ワケわからんこと言うヤツや。こっちのほうが安全に決まってるやろ。
や:一方通行ですもんね。歩行者もいないし。でも、ぐるぐる同じとこ回るのはツマンナイ。

コ:景色をながめにきたんと違うねん。クルマの限界と、自分の限界を試せるんがエエとこや。
や:今日やるタイムアタックって“抜いた抜かれた”がないから、他人とブツかる心配がないですよね。
コ:なっ、安心やろ。楽しそうやろ? 盛り上がってきたやろ?


食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ
こちらは、1991年式の「アルファ・ロメオSZ」。速さはもちろん、名機と言われる3リッターV6ユニットの快音にも惚れ惚れ。
食わずギライはもったいない!? サーキットのススメ
今回参加したのは、20年も続くプライベーターの走行会「アバルトカップ」。1万円+程度の費用で、本格的なタイムアタックに参加できる。
競技の舞台は、千葉県山武市の「ナリタモーターランド」。ヤマハが設計を手がけた1周800mの(元)カート用コースに、この日は37台のエントラントが集まった。
第101回:食わずギライはもったいない! サーキットのススメ

せ:さっきから、大雨降ってますけど。
コ:滑りやすいウェットのほうがタイヤにも優しくていいねん。……もっと楽しそうな顔しいや! 走るの、いま流行ってるっていうやん?
せ:ま、まさか、「ランニングブーム」と勘違いしてるんじゃ!?

コ:ホラ、今日の参加者がたくさん集まってきたで!
や:イタリア車が多いですね。
コ:この「アバルトカップ」は、アツいイタ車乗りが始めた走行会だそうな。かれこれ20年近く続いてるというからスゴいよな。
せ:雨のなか、貴重な「アバルト」を全開で走らせるんですか。アツ過ぎる。

や:「アルファ・ロメオSZ」や「ロータス・ヨーロッパ」も。けっこう古いクルマが多いような……えっ、「ルノー4」もサーキット走るの!?
コ:全部で40台くらいおるんかな。今日乗ってきた1993年式の「ユーノス・ロードスター」なんて、まだまだ青いほうやで。負けられんやろ。
や:負けないでしょう?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ