「ロータス・エリーゼ」イタリアでレンタル開始

2009.07.10 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ」イタリアでレンタル開始

「ロータス・エリーゼ」イタリアでレンタル開始

イギリスのロータス・カーズは、レンタカー大手ハーツのイタリア法人「ハーツ・イタリアーナ」と協力関係を結び、車両を供給することに合意したと発表した。


「ロータス・エリーゼ」イタリアでレンタル開始

これによって、まず「ロータス・エリーゼSC」がローマ、ミラノ、サルデーニャ島のオルビアの3拠点で、2009年7月中旬からレンタルできるようになる。続いて「エキシージ」も投入されるとみられる。

ロータス・カーズの親会社、グループ・ロータスのM.J.キンバリーCEOは、今回の合意によって「魅力的なロータス車を、高級でハイパフォーマンスなクルマを求める(レンタカー)顧客に提供できる」とコメントしている。

また、ロータス・ローマのA.マンニ社長は、「ハーツでエリーゼやエキシージをレンタルした顧客が、我々のディーラーを訪問してくれることを期待する」との談話を発表した。

ハーツ・イタリアーナは、2008年から「ファン・コレクション」として、「ダッジ・ナイトロ」「メルセデス・ベンツC220」「プジョー207カブリオレ」「プジョー308カブリオレ」「マツダMX-5」の貸し出しを開始した。

今回のロータス・エリーゼはそれに続くものだ。ただしエリーゼのレンタル対象者は25歳以上で、クレジットカード2枚、もしくはアメックスのゴールド/プラチナ、マスター・プラチナ、VISAプラチナの所有が必要である。

少々恐いのは盗難だ。イタリア交通警察が今年発表した最新データでは、1時間に19台以上自動車が盗まれているという現実がある。
フェラーリほどではないにせよ、ロータスもこの国では衆目を惹く。こうしたクルマに乗るには、それなりのセキュリティが高いホテルに泊まるなど、レンタル料金プラスの出費と緊張感が伴うのも事実だろう。

(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=Lotus Cars Limited)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼS(MR/5MT)【ブリーフテスト】 2006.12.2 試乗記 ……501万9000円
    総合評価……★★★★★

    ローバー製の「K」ユニットの供給停止により、ハイパフォーマンスモデルの「R」に続いてスタンダードの「S」もトヨタ製エンジンを搭載することになった。その変更は、「エリーゼ」にプラスの要素をもたらしたのだった。


  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る