第391回:“後付けアイドルストップ”ついに本格導入!?
東京インポートカーショーに見る、極寒ギョーカイ生き残り大作戦

2009.07.07 エッセイ

第391回:“後付けアイドルストップ”ついに本格導入!?東京インポートカーショーに見る、極寒ギョーカイ生き残り大作戦

“実直なる飛び道具”が人気

いよいよ夏も本番というのに、去年末から引き続き、厳しすぎる自動車ギョーカイ。国内外の大メーカーもさることながら、本当に厳しいのは、市井のクルマ屋だったりする。
たとえばマジで笑えないのがアメ車並行屋だ。ただでさえ不況や不安定な燃料代で厳しいのに、これだけエコエコやられると泣きっ面に蜂。ボディとエンジンがデカいだけで問答無用に“非国民車”ステッカーが貼られかねない。

無論、基本自由主義の日本だけに、いまだ根強いクルマ好きは多いし、彼らに支えられてるのも事実だが、極寒は極寒。店によっては月に数台、いや“数ヶ月に数台”しか売れないところもあってまさに死活問題なのだ。

ってなわけで、ここんところその手の祭典であるオートサロンや他イベントにどういうスタンスで見に行ったらいいかなぁ……と思ってたところ、先日、トークショーも兼ねて行ったSIS東京スペシャルインポートカーショーで、意外なる金脈とポジティブシンキングを発見! それは言わば“実直なる飛び道具”である。

ジャンル的には「エコ」や「洗車」や「メンテナンス」、あるいは全く逆に「振り切った超ピュアスポーツ」分野の急速な進化で、今までのメインである一攫千金狙いっぽいエアロチューンや、ターボ&メカチューンビジネスはほぼ消え去り、もっと地に足が着き、かつアイデアに富んだクルマ商法が伸びつつあるのだ。多少残念ではありますが、これまた時代は時代。根強いクルマ業界の底力を感じた次第です。

なかでも不肖・小沢のハートを射止めたのが、(株)エコステーション・ジャパンの後付アイドリングストップ装置「エコスターター」! 最初は「今お乗りのクルマがエコカーに変身します」のキャッチコピーを見るなり、ホントかよ! って思ってたんだけど、聞いてびっくり、見て納得。文字どおり、すべての自動車に後付けでアイドリングストップ機構が付けられる画期的な商品なのだ。それもわずか数万円で装着可能。しかも、今まで難しかったAT車にも後付けできるんだとか。こりゃ文句ナシの、“みんながエコカー”だわな。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』