「BMW X1」がフォトデビュー

2009.07.07 自動車ニュース
「BMW X1」がフォトデビュー

「BMW X1」がフォトデビュー

独BMWは、今年9月のフランクフルトショーでデビュー予定の「BMW X1」のオフィシャルフォトを公開した。

■Xモデルの新しいエントリーカー

このところ活況を呈しているヨーロッパのコンパクト〜ミッドサイズSUV市場に、BMWがニューモデルを投入する。同社Xモデルのなかで、最もコンパクトな「BMW X1」だ。

Xモデルの新しいエントリーモデルとなるX1は、全長4454×全幅1798×全高1545mmと、X3よりひとまわり小さいボディが特徴である。とくに全高が低く、数字だけ見るとステーションワゴンに近いフォルムを想像してしまうが、実際はSUVらしいマッシブなスタイルに仕立て上げられており、ひと目でXモデルの一員であることがわかる。車両重量は、同等のエンジンを搭載する「X3」と比較して約200kg軽く、さらに俊敏な走りが期待できる。

インテリアは、X3に比べるとシンプルな印象を受けるが、ドライバーを中心としたコックピットデザインや、整然としたコントロール類のレイアウトなどは、まさにBMWスタイル。後席は40:20:40の3分割可倒式を採用し、バックレストは角度調整にも対応する。標準状態の荷室容量は420リッターで、バックレストを調整するだけで490リッターまで拡大可能。さらにシートを倒せば最大1350リッターの広大なスペースが手に入る。

■FR仕様もラインナップ

X1という名前から、ベースモデルはBMW1シリーズと思いきや、2760mmのホイールベースが、「3シリーズ」との強いつながりを示している。サスペンションは、フロントにダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、リアに5リンク式を採用する。駆動方式は、電子制御多板クラッチを用いたフルタイム4WDの「xDrive」に加えて、FR版の「sDrive」も用意される。

エンジンは、ガソリン仕様が3リッター直列6気筒(258ps)の1種類。一方、ディーゼル仕様は、204ps、177ps、143psの異なる3つの2リッター直列4気筒ターボを用意。ディーゼルエンジンは燃費に優れ、143ps版のディーゼルを積む「X1 sDrive 18d」(FRモデル)では19.2km/リッターを実現し、204ps版の「X1 xDrive 23d」でも15.9km/リッターの実力だ。いずれのモデルもブレーキエネルギー回生システムを採用し、マニュアルモデルでは自動アイドリングストップ機構を搭載するなど、燃費向上に努めている。

BMWはこのX1を今年9月に開催されるフランクフルトモーターショーでお披露目の予定。一方、BMWジャパンによれば、日本への導入はいまのところ未定ということだが、VWティグアンやアウディQ5など、比較的コンパクトで扱いやすいモデルの販売に勢いがあることを考えれば、BMWも黙ってはいないはずだ。

(文=生方聡)

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
ホームへ戻る