「マツダ・プレマシー」装備見直し、新色追加

2009.07.03 自動車ニュース

「マツダ・プレマシー」装備見直し、新色追加

マツダは、7人乗りコンパクトミニバン「プレマシー」を一部改良し、2009年7月3日に発売した。

今回の改良では一部装備が変更された。全車にピアノブラック調のセンターパネルを採用。ベースモデル「20F」を除くすべてのモデルに、燃料計を含むトリップコンピューターを標準装備するとともに、オーディオレス用のサイド&バックカメラをメーカーオプション設定した。

また、最上級モデル「20Z」には、ダークグレー塗装の専用17インチホイールや、シート&ドアトリムに新デザインの布地を採用するなど、よりスポーティな装いとした。

ボディカラーは、新色「アルミニウムメタリック」と「ラディアントエボニーマイカ」を追加し、「20Z」の専用色「ダークプラムマイカ」を含め全8色が用意される。

価格は、182.0万円から229.0万円。

(webCG ワタナベ)

プレマシー20Z
プレマシー20Z

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る