クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1850kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)+モーター(54ps、21.4kgm)/燃費=13.8km/リッター(JC08モード)/価格=690万円(テスト車=772万円)

アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】

手ごわい新顔登場 2012.11.05 試乗記 アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)
……772万円

2リッター直4ターボエンジンと電気モーターを搭載した「アウディA6」のハイブリッドモデルに試乗した。

アウディらしいハイブリッド

アウディジャパン初のハイブリッドモデルが「A6ハイブリッド」だ。「Q5ハイブリッド」(日本未発売)と同じ直噴2リッター4気筒ターボ+モーターのパラレルハイブリッドで、A6はFF。価格は690万円。「2.8FSIクワトロ」(610万円)よりは高いが、輸入車のハイブリッドとしては最も安い。「レクサスGS450h」(700万円〜)、「フーガハイブリッド」(539万7000円〜)、「クラウンハイブリッド」(540万円〜)といった日本車とも戦える輸入ハイブリッド車初の戦略モデルといえるかもしれない。

アウディといえば、ドイツ車のなかでも特に理科系イメージのメーカーだ、と個人的にずっと思っていたので、フクザツなハイブリッドをつくらせたら、さぞやおもしろいに違いない。そんな期待を胸に走り出すと、やっぱりおもしろかった。

計器盤のど真ん中には、A6を細密に描いたグラフィックモニターがあり、エンジン、モーター、バッテリーの作動状況やエネルギーフローをリアルタイムに映し出す。タコメーターがあった場所にはパワーメーターが置かれ、それらを1本の針の動きでも見せてくれる。どちらもハイブリッド車の装備として目新しいものではないが、“わかりやすさ”の点で傑出している。

計器盤の右端は燃料計だが、対称の左端には燃料計と同じデザインで、リチウムイオン電池の容量計が備わる。このクラスのクルマなら、ユーザーに余計な情報は与えないという考え方もありそうだが、A6はその点、すごく“教育的”だ。トリセツのハイブリッドに関する記述も、懇切丁寧でタメになる。そういう学究肌なところがいかにもアウディらしい。

トルクコンバーターの代わりに、モーターとクラッチが一体になったハイブリッドユニットを装着した、パラレルハイブリッド方式を採用する。
トルクコンバーターの代わりに、モーターとクラッチが一体になったハイブリッドユニットを装着した、パラレルハイブリッド方式を採用する。 拡大
メーターパネル内には、ハイブリッドシステムの状況を示す「パワーメーター」が備わる。
メーターパネル内には、ハイブリッドシステムの状況を示す「パワーメーター」が備わる。 拡大
ヘッドライトにはLEDを採用する。
ヘッドライトにはLEDを採用する。 拡大

スムーズで静か

あとから出るものがよくなるのは当然とはいえ、最新ユーロ・ハイブリッドのA6は、滑らかで、そして速いクルマだ。

このシステムではモーターのみの走行も行う。EVボタンを押せば、60km/hで最長3km、エンジンなしで走ることができる。平たん路や下りでアクセルを緩めると、ZF製8段自動変速機と一体の湿式多板クラッチがきれて、エンジンをコースティング状態にさせる。一方、アクセルを深く踏み込めば、211psのエンジンと54psのモーターがフル稼働する“ブースティング”走行に入る。といっても、そうしたパワーユニットのオンオフは、計器盤のモニターやメーターを見ていないとわからない。

2リッターで211psといえば、リッター100psを超すハイチューンだが、エンジンそのものもすばらしくスムーズで静かである。とても4気筒とは思えない。
ひとつ惜しいのは、停止直前にブレーキがやや食いつき気味になること。回生(発電)ブレーキで制動するハイブリッド車ではありがちな症状だ。最後に踏力を微妙に緩めないと、カックンブレーキになることがある。

動力性能は申し分ない。0-100km/hは7.5秒。同じA6の2.8FSIクワトロ(8.1秒)より速い。リチウムイオン電池を37kgでまとめたこともあり、車重は1850kgと、2.8FSIクワトロの60kg増しに収まる。

軽く踏んでも発進加速は素早い。深く踏みつける必要などまったくないのだが、いやだけどためしにやってみると、エンジン+モーターの大トルクで、さしものトラクションコントロールも間に合わず、数瞬、前輪がホイールスピンした。


アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】の画像 拡大
テスト車にはビューフォートオークのデコラティブパネル(5万円)のオプションが装着されていた。
テスト車にはビューフォートオークのデコラティブパネル(5万円)のオプションが装着されていた。 拡大
電動チルト式2ウェイガラスサンルーフは「A6ハイブリッド」では標準装備となる。
電動チルト式2ウェイガラスサンルーフは「A6ハイブリッド」では標準装備となる。 拡大
トランク内にはリチウムイオンバッテリーが設置される。(写真をクリックすると後席を倒した様子が見られます)
トランク内にはリチウムイオンバッテリーが設置される。(写真をクリックすると後席を倒した様子が見られます) 拡大

さすがの“仕立て”のよさ

ふつうのA6と比べて、ハイブリッドであることを最も意識させるのは、トランクを開けたときである。駆動用バッテリーを床下に置くため、奥行きの半分あたりからフロアに20cmほどの大きな段差ができている。しかし、もともとA6のトランクは巨大なので、後席背もたれを倒して貫通させると、前輪を外した27インチのロードバイク(自転車)が楽々入った。

都心から山梨県の小淵沢を往復。途中、中央道では激しい事故渋滞にハマった約380kmで、燃費(満タン法)は9.8km/リッターだった。テスト中、車載コンピューターの平均燃費は最良で10.5km/リッターを示した。これだけ速くて快適な全長4.9m超の大型セダンとしてはリッパだが、過去の試乗経験から言うと、前述した国産ハイブリッドセダンほどよくはなさそうだ。ま、いずれにしても、「プリウス」や「アクア」のユーザーなら、「半分いかないじゃん」と、吹き出すだろうが。

だが、A6ハイブリッドはアウディである。中身は技術オリエンテッドでも、「いいクルマだなあ」としみじみ感じさせる“仕立て”のよさはさすがだ。

試乗車にはビューフォートオークと呼ばれる内装材が与えられていた。黄土色の木目パネルに細かい黒のピンストライプが入っている。ハイブリッドがどうのこうの言う前に、「ウワッ、おしゃれ!」というのが、乗り込んだ時の第一印象だった。世界一のハイブリッド王国に、個性的で手ごわい新顔が現れたと思う。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=高橋信宏)


アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】の画像 拡大
テスト車装着のタイヤは245/45R18。
テスト車装着のタイヤは245/45R18。 拡大
【テスト車のオプション装備】 コンフォートシート=36万円/アウディ・パーキングアシスト+サラウンドビューモニター=16万円/アドバンスドパッケージ=25万円/デコラティブパネル(ビューフォートオーク)=5万円
【テスト車のオプション装備】 コンフォートシート=36万円/アウディ・パーキングアシスト+サラウンドビューモニター=16万円/アドバンスドパッケージ=25万円/デコラティブパネル(ビューフォートオーク)=5万円 拡大