【スペック】全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1850kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)+モーター(54ps、21.4kgm)/燃費=13.8km/リッター(JC08モード)/価格=690万円(テスト車=772万円)

アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】

手ごわい新顔登場 2012.11.05 試乗記 アウディA6ハイブリッド(FF/8AT)
……772万円

2リッター直4ターボエンジンと電気モーターを搭載した「アウディA6」のハイブリッドモデルに試乗した。

アウディらしいハイブリッド

アウディジャパン初のハイブリッドモデルが「A6ハイブリッド」だ。「Q5ハイブリッド」(日本未発売)と同じ直噴2リッター4気筒ターボ+モーターのパラレルハイブリッドで、A6はFF。価格は690万円。「2.8FSIクワトロ」(610万円)よりは高いが、輸入車のハイブリッドとしては最も安い。「レクサスGS450h」(700万円〜)、「フーガハイブリッド」(539万7000円〜)、「クラウンハイブリッド」(540万円〜)といった日本車とも戦える輸入ハイブリッド車初の戦略モデルといえるかもしれない。

アウディといえば、ドイツ車のなかでも特に理科系イメージのメーカーだ、と個人的にずっと思っていたので、フクザツなハイブリッドをつくらせたら、さぞやおもしろいに違いない。そんな期待を胸に走り出すと、やっぱりおもしろかった。

計器盤のど真ん中には、A6を細密に描いたグラフィックモニターがあり、エンジン、モーター、バッテリーの作動状況やエネルギーフローをリアルタイムに映し出す。タコメーターがあった場所にはパワーメーターが置かれ、それらを1本の針の動きでも見せてくれる。どちらもハイブリッド車の装備として目新しいものではないが、“わかりやすさ”の点で傑出している。

計器盤の右端は燃料計だが、対称の左端には燃料計と同じデザインで、リチウムイオン電池の容量計が備わる。このクラスのクルマなら、ユーザーに余計な情報は与えないという考え方もありそうだが、A6はその点、すごく“教育的”だ。トリセツのハイブリッドに関する記述も、懇切丁寧でタメになる。そういう学究肌なところがいかにもアウディらしい。

トルクコンバーターの代わりに、モーターとクラッチが一体になったハイブリッドユニットを装着した、パラレルハイブリッド方式を採用する。
トルクコンバーターの代わりに、モーターとクラッチが一体になったハイブリッドユニットを装着した、パラレルハイブリッド方式を採用する。
メーターパネル内には、ハイブリッドシステムの状況を示す「パワーメーター」が備わる。
メーターパネル内には、ハイブリッドシステムの状況を示す「パワーメーター」が備わる。
ヘッドライトにはLEDを採用する。
ヘッドライトにはLEDを採用する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る