第390回:チーフエンジニアに直撃!
「ソーラーパワープリウス」は、なぜ無理なのか?

2009.07.02 エッセイ

第390回:チーフエンジニアに直撃!「ソーラーパワープリウス」は、なぜ無理なのか?

フル充電に20時間

はてさて、いまだギョーカイの話題の中心は怪物「プリウス」。発売1週間で受注10万台というオバケ人気で盛り上がったのに続き、すでに1ヶ月で18万台、今から予約を入れても納車は年明けだという。しかしこの盛り上がりとは裏腹に、意外と知れられていないネタもある。

それはプリウスの屋根が生み出すソーラーパワーが、走行には直接関与しないという点。太陽電池を満載した「ソーラーベンチレーションシステム」がオプション装着可能だが、これは、あくまでも停車中に専用のベンチレーションシステム、つまり換気装置を動かし、ルーフを動かし、車内を涼しくするだけで、走行用バッテリーには直接接続できない。

でもひょっとして、やり方次第でソーラーパワーでの走行用バッテリー充電が可能では……と思ったがそれは無理な様子。晴れた夏の日、いくら太陽電池で発電しても、それで走るのはいまのところ不可能らしいのだ。

いったいなぜ? 材料は揃ってるのに……。プリウスチーフエンジニアの大塚明彦さんを直撃してみた。

小沢:なぜソーラー発電では走れないんですか?
大塚:問題は2つあって、最大の要因は安全性です。プリウスの走行バッテリーは高圧の201.6ボルト。それが万が一でも逆流する可能性を考えると、ソーラーパネルには繋げない。現在、バッテリー端子には出入力を管理するリレーが入っていますが、乗員がクルマを離れたとたん遮断されます。まだまだ外部接続は考えられないんです。
小沢:最悪の場合、漏電ということですね。
大塚:プリウスは、初代が登場した1997年以前から、役所のかたと一緒に繰り返し繰り返し電池の安全を確かめ、ここまで作り上げてきました。それは並大抵の苦労ではないんです。
小沢:まだまだ冒険はできないと。
大塚:もう1つ、現在のソーラーパネルの出力は最大56ワットです。これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれですが、走行用バッテリーをフル充電させるとなると、最高の天候状態でもほぼ丸一日20時間はかかる。まだ現実的ではないかなと。
小沢:では当分可能性はない?
大塚:いや、実現できたら精神的満足感は高いと思っています。実際、子供に未来の絵を描かせると7、8割が太陽電池車になる(笑)。期待の高さは承知の上です。それに今のパネルの発電効率が17%で、一部開発中のものなら23%はいきます。それでルーフ全面ソーラーパネルにすると、うまくいけば150ワットはいく。となると真夏の海水浴場だったら、半日で走行バッテリーフル充電も夢じゃない。しかも、それが可能なら「バッテリー使い切りボタン」を付けて、ギリギリまでEV走行という発想までわいてくる。非常に魅力的じゃないですか!

今のところ、空調とムーンルーフにしか繋がれてないソーラーパネル。セットでオプション21万円。これで動力に繋げられたら安いもんだが……。
第390回:チーフエンジニアに直撃!「ソーラーパワープリウス」は、なぜ無理なのか?
 
第390回:チーフエンジニアに直撃!「ソーラーパワープリウス」は、なぜ無理なのか?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』