【スペック】全長×全幅×全高=4460×1808×1280mm/ホイールベース=2355mm/車重=1395kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(435ps/7600rpm、43.8kgm/6250rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】

ぐっとフレンドリー 2009.07.02 試乗記 ポルシェ911 GT3(RR/6MT)
911シリーズのNA最強モデル「GT3」がバージョンアップ。公道はもちろん、サーキットもステージとするスポーツカーは、どう進化したのか? 生まれ故郷のドイツで試乗した。

直噴もPDKもないけれど……

ポルシェ911が、水冷の996型へと移行して約2年後。空冷時代のようなストイックでスパルタンな911への郷愁の声の高まりに応えるが如く世に出たのが、ポルシェ911 GT3である。あれから早10年。数度の進化を重ね、GT3としては4世代目のモデルがいよいよ登場した。

昨年のカレラシリーズの大幅な進化ぶりからすれば、新しいGT3にも同様の進化が期待されるのは無理もないだろう。しかしシュトゥットガルト近郊の街で対面した新型GT3には、新世代の直噴エンジンやPDKと呼ばれる7段デュアルクラッチギアボックスは搭載されていなかった。つまり単なるスキンチェンジ? いやいや、ポルシェがそんなことをするわけが無い。新型GT3は、パフォーマンスと日常性をともに引き上げた、期待に応えるモデルに仕上がっていた。

最大の目玉はエンジンだ。その排気量は先代の3.6から3.8リッターに拡大され、無段階バルブタイミング可変機構のバリオカムが、吸気側に加えて排気側にも搭載されている。結果として最高出力は20psプラスの435ps、最大トルクも2.5kgmプラスの43.8kgmにまで高められた。ちなみにエンジンブロックは新型ではなく、これまで同様の911 GT1用をルーツにもつM64型である。

トランスミッションは6段MTのみ。PDKは重量が嵩むからという説明もあったが、実際のところは、まだどれだけ需要があるか掴み切れていないということだろう。M64ユニットは寸法からなにから新世代ユニットとは違うため、カレラシリーズ用のPDKを持ってくれば簡単に付くというわけではないのだ。とはいえ、フェラーリもランボルギーニも、今やエボリューションモデルは2ペダルである。ニーズは必ずあるはずだ。あるいは客層は微妙に変化するかもしれないけれど。


ポルシェ911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】の画像
写真は無償オプションとなる「クラブスポーツパッケージ」装着車。シート表皮が難燃性素材となり、運転席シートベルトが6点式になるなど、サーキット走行を意識した装備が与えられる。なお、標準はレザーシート。
写真は無償オプションとなる「クラブスポーツパッケージ」装着車。シート表皮が難燃性素材となり、運転席シートベルトが6点式になるなど、サーキット走行を意識した装備が与えられる。なお、標準はレザーシート。
標準で2人乗りであるが、クラブスポーツパッケージを選ぶことで、運転席後方にボルト固定式のロールケージが張り巡らされる。
標準で2人乗りであるが、クラブスポーツパッケージを選ぶことで、運転席後方にボルト固定式のロールケージが張り巡らされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る