「iQ」がアストン・マーティンに変身!

2009.07.01 自動車ニュース

「iQ」がアストン・マーティンに変身!

アストン・マーティンは、「トヨタiQ」をベースとする高級小型車を制作中であると発表した。同モデルは、近い将来、欧州市場で発売される模様。

■これぞ小さな高級車!?

アストン・マーティンが、「トヨタiQ」をベースとする高級小型車を製作しているというニュースが舞い込んできた。情報の発信元は、英国ゲイドンにあるアストン・マーティン本社。トヨタ自動車も、国内・海外向けのニュースリリースで同様の発表を行った。どうやらこれは「ネタ」ではなく、2社による本気のプロジェクトらしい。

新型車の名は「シグネット」。トヨタ自動車がアストン・マーティンに車両をOEM供給し、アストン・マーティンが、これに独自のカスタマイズを実施。近い将来、アストンマーティン・ブランドで、欧州市場へ投入される見通しだ。

アストン・マーティンといえば、世界的に有名な高級車ブランドのひとつ。ラインナップを見渡しても、「ヴァンテージ」「DB9」「DBS」と、1500万円から3500万円級の超高額車ばかりである。そんなアストンがなぜiQのような小さなクルマを手掛けることになったのか。アストン・マーティンのウルリッヒ・ベッツ最高経営責任者は次のようなコメントを発している。

「このプロジェクトにより我々は、アストン・マーティンならではのデザイン、クラフトマンシップ、ブランドバリューをまったく新しいセグメントに投入することが可能になるのです。」
今の時代、アストン・マーティンにとってもコンパクトカー市場は無視できないということなのだろう。

最大の関心は、どんなクルマに仕上がるかだ。今のところ公開されているのは、1枚の写真のみ。それからわかるのは、シグネットのノーズにはアストン・マーティンのデザインシンボルである台形グリルが装着され、ボンネットやフェンダーにルーバーを追加。また「純血」のアストン・マーティンを模したアルミホイールも装着される。

ベッツCEOは、「クラフトマンシップ」という言葉を強調しているが、やはり内外装ともに豪華な仕上がりとなるのだろうか? 全貌が明かされる日を楽しみに待ちたい。

(webCG 曽宮)

アストン・マーティン シグネット
アストン・マーティン シグネット

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シグネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る