「iQ」がアストン・マーティンに変身!

2009.07.01 自動車ニュース

「iQ」がアストン・マーティンに変身!

アストン・マーティンは、「トヨタiQ」をベースとする高級小型車を制作中であると発表した。同モデルは、近い将来、欧州市場で発売される模様。

■これぞ小さな高級車!?

アストン・マーティンが、「トヨタiQ」をベースとする高級小型車を製作しているというニュースが舞い込んできた。情報の発信元は、英国ゲイドンにあるアストン・マーティン本社。トヨタ自動車も、国内・海外向けのニュースリリースで同様の発表を行った。どうやらこれは「ネタ」ではなく、2社による本気のプロジェクトらしい。

新型車の名は「シグネット」。トヨタ自動車がアストン・マーティンに車両をOEM供給し、アストン・マーティンが、これに独自のカスタマイズを実施。近い将来、アストンマーティン・ブランドで、欧州市場へ投入される見通しだ。

アストン・マーティンといえば、世界的に有名な高級車ブランドのひとつ。ラインナップを見渡しても、「ヴァンテージ」「DB9」「DBS」と、1500万円から3500万円級の超高額車ばかりである。そんなアストンがなぜiQのような小さなクルマを手掛けることになったのか。アストン・マーティンのウルリッヒ・ベッツ最高経営責任者は次のようなコメントを発している。

「このプロジェクトにより我々は、アストン・マーティンならではのデザイン、クラフトマンシップ、ブランドバリューをまったく新しいセグメントに投入することが可能になるのです。」
今の時代、アストン・マーティンにとってもコンパクトカー市場は無視できないということなのだろう。

最大の関心は、どんなクルマに仕上がるかだ。今のところ公開されているのは、1枚の写真のみ。それからわかるのは、シグネットのノーズにはアストン・マーティンのデザインシンボルである台形グリルが装着され、ボンネットやフェンダーにルーバーを追加。また「純血」のアストン・マーティンを模したアルミホイールも装着される。

ベッツCEOは、「クラフトマンシップ」という言葉を強調しているが、やはり内外装ともに豪華な仕上がりとなるのだろうか? 全貌が明かされる日を楽しみに待ちたい。

(webCG 曽宮)

アストン・マーティン シグネット
アストン・マーティン シグネット 拡大

関連キーワード:
シグネットアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • 吉田由美の新型アストン「シグネット」試乗会@香港 2011.10.29 画像・写真 「アストン・マーティン シグネット」試乗会の模様を吉田由美が香港からリポート。
  • アストンの高級小型車「シグネット」は475万円 2011.10.25 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2011年10月24日、高級コンパクトカー「シグネット」の日本における販売概要を発表、同日から同社のディーラーネットワークを通じて予約受付を開始した。価格は475万円から。最初の納車は2012年の第1四半期を予定している。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 軽商用車戦線に異状アリ!?
    「ホンダN-VAN」がもたらした“革命”
    2018.7.18 デイリーコラム エンジン前置き、FFベースのドライブトレインで軽商用車の世界に革命を起こすことはできるのか!? 「ホンダN-VAN」とライバル車の性能を徹底的に比較する。
ホームへ戻る