【スペック】XFR:全長×全幅×全高=4970×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1960kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ・スーパーチャージャー付き(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm)/価格=1200.0万円(テスト車=1218.0万円/ACC(アダプティブクルーズコントロール)+AEBA(アドバンスドエマージェンシーブレーキアシスト)=18.0万円)

ジャガーXFR(FR/6AT)/XF 5.0ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】

スポーツサルーンの伝統芸 2009.07.01 試乗記 ジャガーXFR(FR/6AT)/XF 5.0ポートフォリオ(FR/6AT)
……1218.0万円/993.0万円

新開発の5リッターエンジンをラインナップに加えた、ジャガーのスポーツサルーン「XF」。2台の最新モデルに試乗したリポーターは、昔ながらの英国車を感じたという。

英国車の味わい

「ジャガーXF」みたいなクルマ作りは、このメーカーとしてはお家芸のようなものである。スポーツカーのルックスと性能を、豪華サルーンの洗練性とスペースの中で実現したとジャガーは説明する。メーカーによれば現代のXKがかつての「XK120」から「Eタイプ」に続くスポーツカーの精神を持ったグランドツアラーであるのに対し、こちらのXFは1950年代末期に登場した「マーク2」の流れを汲むという。

そのとおりで、たしかにはるかな昔、マーク2は独特の地位を得ていた。ツーリングカーレースで活躍し、町なかで見ると他の実用的なサルーンとはまったく違う、低いたたずまいの中で精悍さとエレガンスを同時に表現している格好が何とも魅力的だった。

XFは、そのマーク2の精神を生かすべく企画された。それゆえ、もともとはジャガーサルーン・ラインナップの中で、「XJ」と「Xタイプ」の間を受け持っていた「Sタイプ」の後継という使命を与えられながらも、微妙にポジションを変えた。スポーティでパーソナルな性格を強め、上級モデルはXJのスポーティ版といえるような立場になっている。

このXF、2007年秋にデビューして以来、我が国にも約1年前から輸入されているが、最近XKに続いて新世代のV8を採用したのを機会に、箱根で乗ってきた。

一日、付き合って知ったのは、XFはジャガーとしてはまったく新しいルックスを持ちながら、その裏には古典的なブリティッシュスポーツの味わいをフルに残しているクルマということで、それこそがこのクルマの魅力だった。


ジャガーXFR(FR/6AT)/XF 5.0ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】の画像
「XFR」は標準で20インチタイヤを装着。ブレーキキャリパーには、「R」の文字が記される。
「XFR」は標準で20インチタイヤを装着。ブレーキキャリパーには、「R」の文字が記される。

ジャガーXFR(FR/6AT)/XF 5.0ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る