フォルクスワーゲン、財布にやさしいキャンペーンをスタート

2009.06.30 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、財布にやさしいキャンペーンをスタート

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、新車登録から3年間のメンテナンス工賃や部品代を無償とする、購入サポートプラン「ハートフルキャンペーン」を、2009年7月1日にスタートする。

今回のキャンペーンは、いわゆる「エコカー減税」と「エコカー補助金」に対抗するもの。
エコカー減税対象車が1台もない輸入車に対し、「クリーンではない」というイメージが付き、関心が薄れてしまうことを憂えた、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン独自の対応策である。一部インポーターは値引きなどで対応しているのに対し、ブランド価値の毀損を避けるべく、「安心」を提供する内容となっているのが特徴だ。

具体的な内容としては、キャンペーン中のフォルクスワーゲン車購入において、新車登録から3年間のメンテナンス工賃および部品代が、無償付帯される(「New ServicePLUS」「ServicePLUS」ともに通常は有償)。さらに、それぞれのディーラーで、「ディーラーグリーンサポート」と呼ばれる、下取り支援やアクセサリーサポートなどの特典がプレゼントされるという。

なお、初回登録から13年超のクルマからの買い換えの場合、「ゴルフTSI」など全8車種15モデルは、25万円の補助金の対象となる。

キャンペーンは7月1日から8月31日までの2ヶ月間行われる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。